読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広げる世界

書きたいことを書く!そして伝える!

早朝から長蛇の列

台風が過ぎ去ったと同時に
夏も飛んでいったような涼しさが
ここ数日続いてますね。

真夏は暑い暑いと言いながらも
去ったら去ったで物足りなくも感じます。
次は寒い寒い、観測史上初めての寒さというニュースが流れるでしょう。



とまぁ今日のテーマにいきます。

長蛇の列...列...列...

全国各地で夏フェスやライブが毎日、毎週のように行われています。
もちろんライブを観るのが最大の楽しみではあるが、楽しみの1つとしてグッズがある。
夏フェス限定のグッズであったり、なかなか観れないアーティストが出るとなったらグッズもほしいところ。

売り切れる前に早朝から並び列を作ってる姿はよく見ます。

軽い気持ちで行ったものなら、その列の長さに嫌気を差し買わずに諦める人も少なくはないでしょう。

並び始めはワクワク感であったり、友達と来てる人なら会話しながら楽しく待てるでしょう。

しかし一向に進まない列。

だんだん苛立ち始めたり、夏でいえばその暑さも拍車をかけてきます。

並んだはいいが、あまりの列の進まなさに最初のアーティストが始まってしまった...
などといったこともかなりあるでしょう。

その原因は何なのか
その解決策は何なのか

考えられる原因

まず原因としては
売り場の少なさが挙げられる
大規模なフェスでは複数売り場が設けられているが、アーティストグッズなどは1エリアしかない。

次に考えられるのはスタッフ間の対応。
キャッシャーと品出しの連携が上手く取れてないとそれなりに時間はかかってしまう。
この日初めてのスタッフ陣営ということもあればなおさら連携が取るのは難しいだろう。

3点目は購入時において。
買いたいグッズが複数点あるのに、1つ1つ持ってくるシステム。
誤販売を防ぐために一緒に確認ってのはわかるけどなかなか時間をとる。
ましてや友達の分も買うとなったらなかなかの時間を取られる。

以上が大きな原因だろう。

その解決策として

これに関して解決策を挙げていく。
いろいろなフェスやライブでいろいろな試みがあり良いと思ったものを挙げていくと、

1点目の売り場に関してはオフィシャルでない限り複数売り場を設けるのは厳しそうに感じる。
絶対とは言えないが売上は
オフィシャル>アーティスト
だろうし、複数設けるにはそれなりの費用も嵩んでくるであろうから、あまり現実的ではない。
夏フェスで買えなくてもツアーなどで手にいれることもできるのだからと割りきっていくしかないのかなと。

2点目のスタッフのコミュニケーション。
これはスタッフリーダーを固定するなりして対応できるだろう。
またキャッシャー=品出しに人数を揃えると対応の早さも改善されそうだ。

3点目の購入時の件。
1つはお会計をクレジット会計にすること。クレジット会計にするとお釣りや勘定がなくスムーズに購入ができる。
全員が全員クレジット会計はできないだろうからクレジット売場と現金の売り場を分けるのがいいだろう。
また購入も『これください。あれください。』を止めて、注文用紙に記入し、それをスタッフに渡してまとめて持ってきてもらうと、よりスムーズになるだろう。または事前に予約できるようにしておくなど。

やっぱりグッズを持って応援、観たい気持ちはわかる。
全然改善のしようが無いわけではないので、これからの各地での対応も気にしていきたい。


ハイ

広告を非表示にする