広げる世界

書きたいことを書く!そして伝える!

Jリーグ第2節甲府VSガンバ大阪

こんばんは。今回はガンバの試合レビューです。

スタメン大幅入れ替え

今日のガンバはスタメンとベンチメンバーを大幅に入れ替えてきた。

主力の藤春、パトリック、アデミウソンをコンデション不良のためベンチ外。

スタメンには高卒ルーキー初瀬を左SBでスタメン抜擢、内田をボランチスタメン、前節に引き続き長沢をFWスタメン。大卒ルーキー呉屋がベンチ入り。

初瀬、内田のスタメンには驚いた。

待望の公式戦初勝利

ガンバ1-0甲府

ようやく公式戦初勝利。待望だった。内容云々は置いといてリーグ2節目目で勝ち星を上げる事ができて良かった。もし今日勝てないとなるとズルズル行って悪い流れ、雰囲気になるとこだったので内容よりも勝利という結果が出て良かった。

特に健太さんがスタメン抜擢した初瀬、内田、長沢が結果を出したのはとても大きかった。

堂々としたデビュー戦

この試合特に目立ったのは初瀬だった。今年ガンバユースから昇格した高卒ルーキーでリーグ2節目でプロ初スタメンという大抜擢。

そのプロ初スタメンという重圧のかかる中アシストという結果を出したのは見事だった。

繋ぎのビルドアップの部分でも貢献していて高卒新人とは思えないくらい堂々としていた。同じSBでユース出身の安田(名古屋)、下平(横浜FM)のデビュー戦を比べてみても初瀬が一番堂々としてたのでは?と感じた。

インタビューの受け答えもしっかりしていて好青年だなって私自身感じた。

まだあどけなさも残るので女性ファンが今後増えそうな予感がする。。

控え選手の台頭

今日の試合では初瀬以外にも久しぶりの出場となった内田、前節に引き続きスタメンの長沢、途中出場の呉屋が存在感を出したの大きかった。

内田は久しぶりのスタメン起用だったが井手口と違った持ち味のスペースを管理するという持ち味を発揮して守備での貢献が高くチームに守備での安定感をもたらしてくれた。ただもう少し強さが増すとより良い選手になるとずっと思ってるので今年は実戦の中で強さを身につけてほしい。

途中出場の呉屋は短い出場時間ながら決定機を演出できる動き出しは今後に向けてとても楽しみになった。

チームとしての内容はもう少し。。ってところだったが控え選手が台頭してきたのはチームとしては今後の過密日程を考えるととても大きい。

今日の選手起用は健太さんお見事だった。今後の事を考えると健太さんのゲームプラン。マネージメントは流石だった。

今日勝利したことで勢いに乗ってほしい。

広告を非表示にする