広げる世界

書きたいことを書く!そして伝える!

30分で理解する歴代エース番号を背負った男たち~横浜高校編~

史上最強とも謳われた横浜高校

 

春(センバツ大会)15回、夏(選手権大会)16回出場。
1998年には明治神宮・国体を合わせた史上唯一の四冠を達成しているのが横浜高校だ。
数多くのプロ野球選手を輩出し現在もプロの第一線で活躍している。
かと思えばそうでない選手もいる。

今回は各年でエース番号『1』を背負った男たちについて書いていきいます。
期間は1996年~2016年の20年間をピックアップしてみました。
(※情報はWikipedeiaを参照しています)

 

 

 

1996年 松井 光介亜細亜大学JR東日本東京ヤクルトスワローズ
         (現在は、東京ヤクルトスワローズの打撃投手兼スコアラー)

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:high_revolution:20161102172111j:plain

 

シニア時代は投手だったが、同期に丹波慎也がいたため投手としては同学年内では2番手だったが2年次より外野手としてプレー。
同年の第76回全国高等学校野球選手権大会に横浜高は5年振りの出場を果たすが、那覇商に初戦で敗れている。
19995年夏の神奈川予選敗退後、エースで4番の丹波を中心とする新チームを結成するが直後の1995年8月17日の朝、その丹波が就寝中に先天性肥大型心筋症による心臓発作を起こし急逝。ナインを初め、監督達も悲しみに暮れたが、この悲劇をきっかけに松井は急遽エースとなる。
1996年に念願の甲子園春夏連続出場を果たし、1996年春は1回戦で大阪学院大高に1点差で敗れた。
しかし同年夏は初戦で山田秋親がいた北嵯峨に、8回表まで0-1とリードされていたが、8回裏に逆転で下して勝利を飾る。
次の試合では福井商に8回裏までに4-2とリードしながらも、勝利寸前の9回表に自らの悪送球をきっかけに、逆転で敗れてしまった。奇しくも福井商に敗れたその日は前年亡くなった丹波慎也の命日であった。

 

1997,98年 松坂 大輔 (西武ライオンズボストン・レッドソックスニューヨーク・メッツ福岡ソフトバンクホークス

 

f:id:high_revolution:20161102172116j:plain

3年生時に150km/h超の球速を出し、切れ味鋭いスライダーを武器に超高校級の投手として「平成の怪物」として注目を浴びる。
1998年春では完成度の高い投球と小山、後藤、小池らチームメイトの活躍で他校を寄せ付けず優勝。
1998年夏では、準々決勝で上重、大西、平石、田中を擁するPL学園高校に延長17回という長丁場の末に250球を投げ完投勝利。
翌日の準決勝、寺本擁する明徳義塾戦でも1イニングに登板し、逆転劇を呼び込む。
決勝の京都成章戦では史上2人目となる決勝戦のノーヒットノーランという快挙。圧倒的な活躍で春・夏連覇を達成した。

 

1999年 斉藤 弘樹 (関東学院大→宮大工?)

 

松坂卒業後の新チームは相当なプレッシャーの中ではあったが、
絶対的なエースが存在していないなかで、左の袴塚との2枚看板を軸にし、1年畠山を控えにおく投手陣であった。

 

2000年 小澤 晃弘 (亜細亜大学→?)

 

f:id:high_revolution:20161102172126j:plain

1年生からベンチ入りを果たし夏の県大会で登板。
2年春センバツ出場し甲子園では3番手で登板した。その後故障に苦しむも、3年夏に完全復活。
県大会を防御率1点台の投球で乗り切り甲子園出場を卒なくこなす。
当時は先輩・松坂に似たフォームから切れ味抜群のスライダーを武器に130キロ台後半の伸びのある速球とカーブ、フォークで三振の山を築いた。
安定感抜群の投球で甲子園ベスト8進出の立役者となり、打ってもでも甲子園で本塁打を放つなど野手としての潜在能力も披露した。
甲子園では敗れるも秋の国体では優勝を飾り高校野球生活を終えた。

 

2001年 畠山 太 (日本大学富士重工
         (2015年限りで引退)

 

f:id:high_revolution:20161102172133j:plain

入学時から左の松坂と期待され、1年からベンチ入りを果たす。
夏の県大会にも登板し経験を積むと、秋県大会では参考記録ながらノーヒットノーランを達成。
その後フォームを崩し成長に伸び悩んだ時期もあったが、3年夏は、県大会準決勝まで無失点投球と完璧な投球術を披露し完全復活を果たす。
3年夏の甲子園ではチームをベスト4に導く活躍を見せ立役者の一人となる。投球時のしなやかな腕の振りは松坂を彷彿とさせ、課題の制球難も克服して実力を発揮した夏となった。

 

2002年  福井 良輔 (国際武道大→JFE東日本)

 

f:id:high_revolution:20161102172141j:plain

横浜高校時代は2年夏に甲子園出場を果たしている。
畠山の控えとして活躍し準決勝では先発を任されるも8回6失点で敗戦となる。
左腕スクリューボールを武器としており、併せて制球力も抜群であった。
控えの本格派右腕・山木と千葉の3本柱で横浜を支えていた。

 

2003年 成瀬 善久 (千葉ロッテマリーンズ東京ヤクルトスワローズ

f:id:high_revolution:20161102172154j:plain

高校時代は何度も故障に悩まされるが、第75回春で3回戦の明徳義塾からの劇的勝利で勢いに乗り、準優勝を果たす。
決勝では西村‐白濱バッテリーの広陵高校と対戦し、先発した1学年下の涌井をリリーフしたが共に打ち込まれ、3-15という大敗を喫した。
第85回夏神奈川県大会では決勝進出を果たすも給前と、1学年下に田澤を擁する横浜商大高校に敗れ春夏連続出場を逃す。
2003年度ドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから6巡目指名を受けて入団。

 

2004年 涌井 秀章 (埼玉西武ライオンズ千葉ロッテマリーンズ

f:id:high_revolution:20161102172202j:plain

入学時から松坂大輔二世と呼ばれて、第75回春に1学年上のエース成瀬善久らと共に甲子園出場。
準決勝までは成瀬のリリーフとして登板していたが、決勝戦では先発するも、広陵高の打線に打ち込まれ3-15と大敗した。
第85回夏神奈川県大会では3回戦の港北高戦で成瀬に代わり先発を務めるも、ノーシード高相手にリードを許す苦しい展開となり成瀬の休養に失敗するも、9回逆転で辛くも勝ち上がる。
チームは決勝進出を果たし、3年エース給前、2年の田澤を擁する横浜商大高校と対戦し、肩を痛めていた成瀬が1回で降板し、2番手涌井も失点を重ね、打線も奮わず春夏連続出場を逃した。
3年夏には第86回夏1回戦の報徳学園戦では完投で投げきり、打撃でも本塁打を含む2安打を記録するなど大暴れをした。
2回戦の京都外大西戦では延長戦にもつれ込んだが完封で勝利し、3回戦の明徳義塾戦は5点を失うも完投勝利。
準々決勝の駒大苫小牧戦では7回5失点を喫しチームも1-6で敗れたがスカウトの評価は上がる一方だった。
秋の国体では東北相手に14奪三振を記録し完投勝利するなど、当時からスタミナのある投手として定評があった。
2004年ドラフトで西武ライオンズから、単独で1巡目指名を受ける。

 

2005年 櫻田 裕太郎 (八戸大→Honda)

 

f:id:high_revolution:20161102172212j:plain

1年秋からベンチ入りするなどエースとして将来期待されるも、左ヒザ痛(1年秋)左ヒジ痛(2年春)などケガに泣かされ本来の力を発揮するには程遠く、
23年ぶりノーシードで臨んだ3年夏はエース番号で挑んだが、県大会4回戦敗退と全国舞台の甲子園には縁がなかった。

 

2006年 川角 謙 (青山学院大東芝

 

f:id:high_revolution:20161102172220j:plain

1年秋からエース級の活躍をみせチームの柱として期待される。
ストレートの切れと多彩な変化球、抜群の制球力で打ちとる投球術は安定感抜群であったが、2年夏は4回戦敗退と残念な結果で終わってしまう。
秋はエースとしてフル回転しチームを県大会優勝に導く活躍をみせた。関東大会ではベスト4であったが、3年春センバツ出場。
初戦は1安打完封勝利で前評判以上の活躍をし、途中降板した試合もあったが、5試合に先発してセンバツ優勝投手になった。
最後の3年夏も甲子園に出場し、春夏連覇が大いに期待されたが初戦敗退で春夏連覇の夢は散ることとなった。

 

2007年 落司 雄紀 (立正大学~和合病院)

 

f:id:high_revolution:20161102172227j:plain

1年夏からベンチ入りするなどし経験を重ね、2年時には春夏甲子園出場を経験する。
2年夏の大阪桐蔭戦では救援登板して、中田にバックスクリーンに本塁打を打たれた。
2年秋からは左の浦川との2枚看板で春夏の県大会ベスト4に貢献。3回戦ではノーヒットノーランを記録達成するなどスカウト評価も上げていた。
投げるだけでなく、打撃も光るものがあり外野手兼任でクリーンアップを担うなど野手としての期待もあった。
140キロ前後の速球とスライダーとのコンビネーションは、プロをも充分意識出来る内容だったが、夏以降の投球はイマイチで、直球の球速・手元での伸びに欠け、春ほどの勢いはなかった。
3年春では、横に曲がるスライダーが、夏にはスラーブのような球になるなど、肘が下がりまともな投球とはならなかった。

 

2008年 土屋 健二 (北海道日本ハムファイターズ→横浜DeNAベイスターズ
          (現在はアスリートマネジメント会社「M.H.B」代表)

f:id:high_revolution:20161102172234j:plain

横浜高では1年春から公式戦に出場。
同夏は野手として起用され代打ながら1打席甲子園を経験している。
1年秋からは外野手・一塁手兼控え投手とユーティリティープレイヤーとして期待され、2年夏は打撃力を買われ4番も務めた程。
2年秋に5番エースとして県大会優勝、関東大会優勝、神宮大会準優勝と結果を残した。
優勝候補としてのぞんだ3年春は北大津に2対6で敗れ初戦敗退となったが、夏の甲子園では粘り強いピッチングで5試合4完投44回を投げ切るスタミナをみせ4強入りを果たしている。
長身細身の左腕、好打の外野手は、ヒジを柔らかく使った腕の振りから最速141㌔、120㌔前後のスライダー、110㌔台のチェンジアップ、その他カットボール、カーブを投げ分ける。
小さめのテイクバックで出所を隠し球持ちの良い腕の振りから投げ込む姿は成瀬を思い浮かばさせる。
緩急を付けコーナーに投げ分ける投球に持ち味でフィールディングにも優れている。
高校通算25本塁打の長打力で、打撃センスに優れたシュアな打撃の左の中距離打者。
社会人野球のJR東日本入りが内定していたが、プロに対する気持ちが強くプロ志望届を提出し、北海道日本ハムファイターズにドラフト4巡目で指名される。

 

2009年 中岡 真弥 (城西大→フェデックス

 

f:id:high_revolution:20161102172242j:plain

2年次にはエース番号の『1』を貰うなどチームからは期待されていたが、甲子園出場の機会には恵まれなかった。
2年春の関東大会では公式戦初完投でチームの逆転勝ちに貢献し、県大会の後半、監督のアドバイスで右上手から横手投げに変更。
これが投球の安定感を生み、エースとして成長はみせたがもう一つ伸びなかった。

 

2010年 齋藤 健汰 (鶴見大→?)

 

f:id:high_revolution:20161102172250j:plain

横浜高では1年春から公式戦に登板するなど期待を寄せられていた。
2年春にはエースとなり、夏は初戦の津久井浜戦に先発し6回を完全に仕上る投球を披露するなどを切ると
2年生エースとして存在感を示していた。
恵まれた体格のスリークォーター右腕は、しなやかな腕の振りからMax142キロの伸びのあるストレートとスライダーが武器。
武器とするスライダーは大きく曲がる球、打者の手元で小さく変化するカットボールのような2種類を投げわけ打者を翻弄する。
まとまりあるコントロールも持ち味で打者にとっては嫌なタイプだったであろう。
2年秋に右肩を負傷し打者に転向。春からは打撃を生かして野手に専念し夏は4番一塁手とチームの主軸に座った。
県大会.344と甲子園出場に大きく貢献し、夏甲子園もベスト16ではあったがが、2試合で.444とチームに貢献した。

 

2011年 山内 達也 (福井ミラクルエレファンツ→?)

 

f:id:high_revolution:20161102174715j:plain

1年春から公式戦に出場し、同夏には左肩に違和感がありながらも5試合を投げ、県大会準優勝になり注目を集める。
秋には主戦格としてチームを引っ張り最多42回2/3を投げ、県大会V、関東大会4強の立役者となる。
背番号1となった2年春選抜は、波佐見に5安打7四死球4失点を許し5回で降板となる悔しい結果となった。
その後は3月に左肋骨を痛めた影響で精彩を欠き、夏の県大会での登板は6イニング止まり。
甲子園では2回戦智弁学園戦に救援登板するも、1死も取れず2安打1失点で降板となり、投手としての道から野手に転向した。
転向後、秋の大会で打率.391本1点6の活躍で県優勝・関東8強に貢献。
3年春選抜では4番一塁手で3試合4安打、3年夏県大会では12打数3安打点1に留まり、桐光学園に3対4で敗れ準々決勝敗退。
プロ志望届を提出したが指名はなく、投手としての復活を目指し、BCリーグ入りを決めた。

 

2012年 柳 裕也 (明治大学中日ドラゴンズ

 

f:id:high_revolution:20161102172304j:plain

横浜高校が甲子園で試合をするのを見て「かっこいい」と憧れを抱き、松坂や涌井らプロで活躍する選手と同じ高校でプレーしたいという強い思いで横浜高校への進学を決めた。
高校時代は3度の甲子園出場を果たした柳。
2年生の夏は5試合に先発、激戦区神奈川を制する原動力となり、甲子園の土を踏み、2年の夏の甲子園から背番号1を背負い、チームをエースとして引っ張った。
そして高校野球の集大成で臨んだ3年生の夏には4試合に登板。準々決勝での桐光学園戦は7回まで1失点と好投していたが、8回2死から突如の乱丁で3連続適時打で3点を失い降板となる。
チームは敗れ、4季連続の甲子園を逃してしまったが試合後、監督から「お前がいたから甲子園に行けた。お前に出会えて良かった」と、言葉を掛けられ、この言葉で確信を持った。
横浜高校に来たことが間違っていなかった、あの試合に行きつくまでで大きく成長できた」と仲間と過ごした毎日が、技術面だけでなく精神面でも成長させた。

 

2013,14年 伊藤 将司 (国際武道大)

 

f:id:high_revolution:20161102172529j:plain

1年秋から控え投手としてベンチ入りをし、将来のエース候補として期待された。
2年春のから主力投手としてチームを引っ張り、2年夏の県大会優勝の原動力となる。
全7試合(5回戦から4連続完投)を投げ、49.1回で4失点、防御率0.73を記録。
甲子園では左肩違和感を抱えながらも9回14Kをマークし完投勝利するも、高橋擁する前橋育英戦は、6回5失点ノックアウトと1対7の大敗に終わった。
同年秋予選全8試合の先発を務め、肩疲労で苦しみながらも関東8強に進出。
3年春選抜は八学光星に打ち込まれ、合計4回8安打7失点、5対9で初戦敗退に終わった。
春県大会では控えだったが、関東大会で再び主戦を務めたが、6.0回9四死球6失点と乱れ、44年ぶりコールドで敗退した。
3年夏は東海大相模に6回8安打5失点ノックアウトで敗れ県大会ベスト4敗退と本来の力が発揮できず終わりを迎えた。

 

2015,16年 藤平  尚真 (楽天

 

f:id:high_revolution:20161102172323j:plain

1年春からベンチ入りするも肩ヒジの成長痛で1年夏県大会のベンチを外れるが、1年秋から早くも背番号1の座を獲得する。
2年夏には27.1回22K6失点の実績を残し、準決勝で自己最速の148㌔を計測。
エースとして8試合中7試合(リリーフ5)に登板し、4回戦・県相戦で初完封勝利を挙げている。
同年8月31日に行われた練習試合で千葉敬愛相手に15K完全試合を達成し一気に名前を挙げた。
2年秋の県決勝・桐光戦で最速151㌔を叩き出し、4安打10K2四死球完封勝利を記録するなど確実にエースへの道を辿っていった。
3年夏の甲子園初戦では圧巻の奪三振ショーが初回から始まり、5者連続三振。7回途中まで投げて13奪三振1失点の投球で、名門・東北打線を寄せつけなかった。
次の履正社戦では2回途中から登板し6回1/3を4安打7三振無失点と好投はしたが、打線がエース寺島から1点しか奪えず敗れた。

 

いかがでしたでしょうか。

横浜高校のエース達をご紹介してきましたが、

松坂を筆頭に成瀬や涌井のエースもいれば、

今ドラフトで名前の挙がった柳や藤平など新戦力も輩出する一方で、

必ずしもエースが活躍しプロになるわけでもないのも事実です。

調べてみると面白いものですね。

 

次回はどこをピックアップしましょうかね。

希望があればコメント待ってます!

 

それではまた

 

(※不適切な写真、文章、誤報があれば対応、削除致しますので御指導ください)

 

広告を非表示にする