広げる世界

書きたいことを書く!そして伝える!

悔しいという感情 G大阪-名古屋グランパスエイト

開幕戦負けて素直に悔しいという感情が芽生えた名古屋戦。

 

昨シーズンの中盤戦以降は負けても悔しいという感情にすらならなかった。

 

名古屋戦についてまとめていきたい。

 

f:id:high_revolution:20180224181140p:plain

ガンバは高卒ルーキーの福田がスタメンというクルピならではの大抜擢。

福田、市丸の若いダブルボランチを遠藤がサポートするという布陣。

 

f:id:high_revolution:20180224181328p:plain

対する名古屋はCBにユース所属の高校生菅原をスタメンで抜擢。

 

  • 攻撃的なガンバ

試合全体を通して、やはり今年のガンバは攻撃的に行くという方向性がわかり、今年のチームだったら我慢するだけの価値があるチームかなと率直に感じた。

特に市丸のスルーパス、縦へのパスはチームのストロングポイントになるのでは?と感じた。(その分スタミナ、瞬発力があまりないなどウィークポイントに繋がりかねない部分もあるが)力強さとかは全然違うがシャビ・アロンソのようなプレースタイルの選手に将来はなってほしい。

遠藤は先週観た様子だと正直厳しいかなと感じたが、開幕戦を観るあたり、フィニッシャーとして、受け手としてのポジショニングは流石だなと感じた。

福田、市丸がノビノビプレーできたのも遠藤が気の利いたプレーをしていたからでは?と感じる。

今年はダイレクトパスでの崩しなどガンバらしさが去年よりかは増えるはずだと感じた。

 

  • 個の力

今回名古屋との決定的な違いは前線の個の力だった。名古屋はジョー、シャビエルと個人の力で試合を決めれる助っ人外国人が居たのが凄く大きかった。

ジョー、シャビエルは研究されるまでは爆発的な活躍をするであろうと感じた。

特にジョーは規格外の助っ人だなと痛感した。

ガンバも長沢は頑張っていたが、試合を決めれる個の力がある外国人助っ人がほしい所だ。

アデミウソンの復帰待ちだが、決定力がある純正なFWがほしい。

以前までボランチを補強してほしかったが、今日の試合を観てやはりFWの補強を優先してほしいと感じた。

ジョーを止めれるチームがあるのか?って思うくらい規格外だった。

 

  • 悔しいという感情

今日の試合は昨シーズンと違って今後への希望の道が見える、敗戦だったのでは?と思う。

勿論守備の部分での綻びなど課題点はたくさんあるが、良くも悪くも長谷川健太監督就任前のガンバのようだった。

現時点では2012年に近いガンバだが。。

ガンバが好きという贔屓補正は勿論あるが、このチームが年間通してどのように成長するかは楽しみだ。

ガンバの記事を書く度に言うが、今年も我慢のシーズンになりそうだ。