広げる世界

書きたいことを書く!そして伝える!

お花見にもいろいろあるみたいです

そろそろ冬も終わりに近づき、いよいよがやってきます
すでに桜の開花宣言もされたところもあります

f:id:high_revolution:20180323175725j:image

 


そんな春といえば
桜と言えば花見
と思う人も多いのではないでしょうか

f:id:high_revolution:20180323175930j:image

その花見について今日聞きなれない、見慣れない言葉を見かけました
エア花見

花見と言えば桜の木の下でお酒を飲んだり食事をしたりするイメージなのですが
エア??どういうこと?と一瞬キョトンとしてしまいました

エアと言って想像できるのはエアギター
まさか想像しながら花見をして周りの人からも花見をしてるように見せるのがエア花見?!

f:id:high_revolution:20180323180027j:image

 

こちらにエア花見の記事がありました



どうやらエア花見とは『屋内で桜の動画を見たり、桜がデザインされた食器などを使ったりして桜を楽しむこと』だそうだ
世間のニーズとしては『桜が見れればお花見』という認識になりつつある
まぁ言葉では間違ってはいないが『ん~』という感じがします
楽しみ方はそれぞれあるけどやっぱり直接見て風情も楽しむことが大切なのではないか、と思った
雨で濡れるのが嫌なのももちろんわかるが、雨に濡れた桜、雨で散っていく桜、雨は雨なりに表情を見せてくれる
エアという言葉が今後も流行っていき、本質が失われないかが心配である

 

〜雑談〜

『エア』ということで思い出したことがあります

それはエアギターならぬ『エアフェス』です

『エアフェス』とは音楽をかけながら、まるでフェスに参加しているかのように楽しむことです

モッシュからサークルまでやると、その場は一気にフェス会場へと生まれ変わります!

これを究極に暇を持て余したyasuと2人で夕方の公園でしていたのは懐かしい思い出とともにイタイ思い出でもあります

f:id:high_revolution:20180323181202j:image

 

フェスも同様やっぱり生で体感するのが一番です

この『エアフェス』をしたからこそ、さらにフェスに参戦したい欲が高まりました

 

 

お後がよろしいようで

広告を非表示にする