広げる世界

書きたいことを書く!そして伝える!

振り返るのが辛い ガンバ大阪-ヴィッセル神戸

昨日日本サッカー界を揺るがす大きなニュースがあった。
その前日私の心が折れそうになる試合があった。
 

f:id:high_revolution:20180410192023p:plain

神戸戦スタメン ユースから昇格2年目の食野がJ1デビュー。

f:id:high_revolution:20180410192059p:plain

ACLでガンバを苦しめたティーラトン、青森山田から新卒で入団の郷家がスタメン。

 

 

振り返るのが辛い

神戸戦の負けは正直かなり精神的にダメージがキツい。
試合自体は決して悪い内容ではなく、チームとしてもテンションが高く、強度の高いプレー、チームとして勝ちに行くんだ!という姿勢が垣間見えた試合だった。
 
開始直後の無気力なシーンもなかったし、後半オープンな展開になった時はガンバの方がチャンスを演出する機会は多かった。
 
早く点を取ってほしいという焦りはサポーターとしてもあった、心のどこかで今日は引き分けか〜また勝てないか〜と少し気が緩んだ自分がいた。
 
ファビオが失点になりそうなシュートをクリアした時は引き分けだなと思い、まあ仕方ないか〜と引き分けという星勘定で居て、尚且つコラム何書こうかな?と思っていた、矢先にサイドをえぐられて失点。
敗戦。
 
やけ酒したくなるほど悔しい負けだった。
終わってからは呆然とした。
週末の最後にこんな気分になるとか最悪やんって正直思うのが本音。
1人で観に行く事が多いので負けを共有することもできないのが虚しい限り。
 

・収穫点

食野がトップチームでスタメンでデビューし、存在感を示した。特に要所要所見せるテクニックはガンバアカデミー出身者らしく遊び心があり見ていて楽しかった。
次も観たい選手。
 
 

最後に

泣き言を言っていても次節はすぐやってくるのでサポとしても気持ちを切り替えていきたい。
 

f:id:high_revolution:20180410194055j:plain