広げる世界

好きなことをとことん追求します!!

【レポ】SKY-HI TOUR 2019 -The JAPRISON-@愛知

ライブを超えた先にあるもの

4月上旬にSKY-HIのライブツアー『SKY-HI TOUR 2019 -The JAPRISON-』の愛知講演に参戦してきました。SKY-HIのライブは過去3本?くらい観てきたけどその内容にはいつもいい意味で期待を裏切れている。
f:id:high_revolution:20190418230700j:image

 

 

今回のツアータイトルでもある『JAPRISON』は、【JAPANESE RAP IS ON】=日本語ラップの可能性と日本人ラッパーの可能性、という意味と、【JAPAN PRISON】=今の日本が(特に音楽業界が)監獄という現状、の二つの意味を含んでいるf:id:high_revolution:20190418230747j:image

 

ヒットする曲を狙って作ろうと思えば作れるが、それは果たして自分のしたい音楽なのかと言われればそうではないだろう。あくまでもリスナーに媚びた作り方である。売れない、注目されないを恐れて自分の音楽ができないのはヤバイのと同時に、それを生み出している、受け入れすぎているリスナーも危険なのではないかと。特にJ-POPはこの問題が大きく関係している。f:id:high_revolution:20190418230828j:image

 

アイドルラッパーと世間では言われることもあるがSKY-HI自身が今一番この問題に直面しつつこの問題を打破したいと思っているだろう。そんな中できたのが今回の『JAPRISON』である。f:id:high_revolution:20190418230846j:image


この世界観をライブを通じて観てきたのだが、そこには音楽、ライブを超えたまた別物のステージがあり、ミュージカルというよりは1本の映画を観ているようだった。
プロローグに始まり新旧織り交ぜた曲でのストーリー構成(セットリスト)、そしてエピローグへと。さらには映像効果に照明、ステージ上のバンドメンバーからダンサーまで全ての要素が組み合わさって『JAPRISON』は完成されていた。f:id:high_revolution:20190418230902j:image

 

残り大阪と東京の2公演だが既にSOLDOUTとなっている。
初めて見る人も見たことのある人も最高の空間を体験できることは間違いないだろう。f:id:high_revolution:20190418230921j:image

 

JAPRISON

JAPRISON

  • SKY-HI
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥2200

 

 

※写真はナタリー(https://natalie.mu/music)出典