広げる世界

好きなことをとことん追求します!!

ツエーゲン金沢 2020年展望

こんばんは!!

 

今日は更新します。

Jクラブの予想フォーメーション、展望を開幕までにJ1,J2全クラブを書く予定です。

 

あくまでも予定です笑

 

目標は去年よりも書く事です。

 

今回はJ2参戦6年目になるツエーゲン金沢の展望を書いていきます。

 

ツエーゲン金沢 2020年

◆新加入
②山田将之
⑨ルカオ
⑯本塚聖也
⑰加藤陸次樹
⑳西田恵
㉑石井綾
㉕高安孝幸
㉖田路耀介
㉙ホドルフォ
㉛上田樹
㉞杉井颯
㊴下川陽太

◆背番号変更
⑦山根永遠
⑲島津頼盛

 

f:id:high_revolution:20200122214407j:image

フォーメーションは柳下体制でずっと継続している4-4-2を今年も採用すると予想します。

柳下監督といえば4-4-2のイメージが強いです。

CB山本、左SH加藤、FW垣田と主力選手が移籍、レンタルバッグしたが、抜けたポジションに対しての穴埋めはできているので、大きな戦力ダウンはないが、大きな上積みもないとも言える。

強いて言うなら最前線が少し薄いように感じるので、レンタルや新外国人の補強はしても良いと思う。

ルカオが覚醒すれば問題ないのだが、不確定要素に期待するのは怖い。

 


注目選手

DF 下川陽太
松本山雅からレンタル移籍で加入。
昨シーズンは愛媛でプレー。37試合に出場し、主力として活躍。
ドリブル、サイドからのクロス精度の高さが売りの選手。
J2トップクラスのサイドアタッカーに成長した。
昨シーズンの活躍で、松本へのレンタルバックorJ1クラブへの移籍もあり得ると思ったので
金沢加入は驚いた。
金沢では左サイドバック、もしくは加藤が抜けた左サイドハーフでの起用がメインとなる。
金沢が今季3バック導入する際は左ウイングバックでの起用が濃厚になる。
今まで3バックのチームでしか、プレーしたことないので、4バックがメインの金沢でプレーの新境地を開拓できるかに注目したい。

 

 


注目若手選手
DF 高安 孝幸
興国高校(大阪)から新卒で入団したサイドバックを務める選手。
元々はFW、ボランチを務めていた選手で、スピードが武器の選手。
ボランチも経験しているので、現代サッカーのサイドバックで必要とされている偽ボランチとしての役割も期待できる、現代型サイドバックの選手になれる素質を持ち合わせている。
昨シーズン特別指定選手で金沢でプレー。
11/24の42節大宮戦で、途中出場でJデビューし、45分間プレーをした。
昨シーズンレギュラーだった長谷川巧とのレギュラー争いに注目したい。
いきなり開幕スタメン抜擢があってもおかしくない。

 

柳下体制になってからは、戦力以上の結果を残し今ではJ2中位の常連になりつつある、昨シーズンの継続として金沢がクラブとしてもう1ランク上がる為に、サッカーだけでなく1つのプロクラブチームとして挑戦していく姿をサッカーファンとして見守っていきたい。

 

各方面とのコラボイベントなどを見ると、ツエーゲン金沢というクラブチームを街の伝統にしたい!!

というクラブビジョンに沿った試みをしているので、ホームスタジアムの西部緑地公園陸上競技場に足を運んでみたいなーと思います。

 

今年達成できるのが理想です!

 

yasu