広げる世界

好きなことをとことん追求します!!

ターコイズステークス 注目馬

タフな馬場で力を発揮できる血統。


欧州指向の強い血統、サンデーサイレンス系なら父ダイワメジャー

欧州系ならタフで力強いレースに能力を発揮するロベルト系とサドラーズウェルズ系の血を持つ馬。

ロベルト系の馬
ブライアンズタイムシンボリクリスエススクリーンヒーローなどの名前が馬柱にあればこのレースではオススメ。
勢いのある種牡馬エピファネイアは父シンボリクリスエスなので、ロベルト系に該当。

サドラーズウェルズ系の馬
メイショウサムソンフランケルローエングリンなど。
特にこのメイショウサムソン産駒は過去にデンコウアンジュ、フロンテアクイーンが好走と相性が良い。
去年は人気薄のメイショウグロッケが9人気5着と好走。
尚、今年はサドラーズウェルズ系の血を持つ馬の出走はなしなのが残念。

 

注目馬
ランブリングアレー
ディープインパクト、母父シンボリクリスエス
晩成型のディープ産駒。
前走のカシオペアステークスでは後に重賞で好走したボッケリーニ、ヴァンケドミンゴに勝利し、4歳秋にして本格化の予感。
相性の良い吉田隼人騎手の継続騎乗もプラスポイント。

 

アンドラステ
父オルフェーブル、母父ダイナフォーマー(ロベルト系)。
タフな馬場(エプソムカップなど)でパフォーマンスを発揮してきた馬。
中内田厩舎の馬に多い、休み明け初戦にハイパフォーマンスを発揮する傾向がある。
フレッシュな状態の今回は狙いたい。
懸念点は、古馬の中内田厩舎は、2,3歳の頃に比べて歳とキャリアを重ねるに連れてパフォーマンスの向上が見込めなくなる所。
アンドラステ自身はキャリア9戦、クラシックで使い込まれてないのでまだ伸びしろは残っているとは思うが。
評価が難しいが血統的には買いたい馬である。
鞍上の岩田望来騎手は外枠で末脚を溜める騎乗が上手いと思っているので、外枠なら評価を上げたい。


インターミッション
レイカーラは2013年ターコイズSの覇者。
(14年は9着)
当馬と中山1600mのアネモネS、秋風Sを勝っている中山巧者。
ディープインパクト、母父キングカメハメハだから東京コースも問題なく走れるとは思うが。
鞍上の石川裕紀人騎手は強気な騎乗が持ち味で中山などの小回りコースで穴を演出している。
重賞制覇は全て小回りのコースで上げている。
直近5年の中山コースでの単勝回収率が100%越え、今年1年で絞ると複勝率が100%越えと中山コースに相性の良い騎手。
人馬共に得意な中山の舞台で初重賞制覇を目指す。

 

ヤス