広げる世界

好きなことをとことん追求します!!

2020ガンバ大阪 全選手振り返り Part1

天皇杯も終わったので2020年のガンバ大阪の振り返りを選手別で行います。あくまでも僕の主観になります。

ポジション別で行います。

 

GK 1東口順昭

画像1

34試合 1試合平均セーブ数 3.3  (J1リーグ4位)

DAZNのスーパーセーブ集の常連。今年も神セーブ連発。ヒガシが居なかったらACL圏内も危うかった。34歳にして尚進化中。強いていうならキック精度を上げたい。

 

GK 16 一森純

画像2

U-23 10試合 1試合平均セーブ数 3.5 (J3リーグ5位)

移籍1年目は怪我の影響もあり秋口までは第3GKとしての立ち位置だったが、秋以降は第2GKとしての地位を確立。

とにかくキックのスキルが高い。J1でもトップクラス。GKの攻撃的なカードとして使いたいと思わせる選手。一森の縦パスをJ1でも見たい。

GK 25 石川慧

画像3

U-23 5試合 1試合平均セーブ数 3.6 (J3リーグ4位)

移籍1年目は一森の怪我もあり、シーズン序盤は第2GKとしてチームに帯同。秋以降は一森と序列が入れ替わったがU-23の試合では存在感を発揮。

ヒガシ、一森の壁は高いが腐らず来季も頑張ってほしい。

GK 31猿田遥己

画像4

U-23 2試合 1試合平均セーブ数 1.0

柏からレンタル移籍での加入でU-23で経験を積ませるという方針だったが、キャンプで大怪我。夏場に復帰するも半月板を損傷と長期離脱が2度あり実戦経験を積むことができなかった。

若いのでこの経験を今後のキャリアに活かしてほしい。

※柏にレンタルバック後、横浜FCにレンタル移籍。

GK 50 李潤旿(イ ユノ)

画像5

U-23 9試合 1試合平均セーブ数 3.4 (J3リーグ7位)

猿田の怪我でU-23のGKが不在になったので、春先に緊急補強という形でベガルタ仙台からレンタル移籍で加入。

正GKとして期待されたものの自身も負傷離脱をしたため、U-23のGKが病み上がりの猿田、ユース組の吉川、福本のみとなった。

秋に復帰するも実戦経験のなさもありポジショニング、キャッチングが少し怪しいように感じた。

GK 吉川直輝 (2種登録)

画像6

U-23 5試合 1試合平均セーブ数 2.0

一森、猿田、ユノの負傷離脱でU-23のGKが居ないというカオスな状況下の為U-23ゴールマウスを務めることに。

高校年代でプロの試合で経験を積めたことを今後の財産にしてほしい。

 

GK 福本悠(2種登録)

画像7

U-23 3試合 1試合平均セーブ数 2.3

吉川と入れ替わる形でU-23の試合に出場。J3でも問題なく対応できていた。

個人的にはユノに経験積ますなら、ユースの福本に経験積ませても良いのでは?と思った。U-23のキーパー陣の中では一番素質の高さを感じた。

大学で実戦経験を積みいつかはJの舞台で見てみたい。

DF 3 昌子源

画像8

18試合 0ゴール 0アシスト

サプライズ移籍で加入はほんとに驚いた。最初ネットで移籍の報道を見た時は飛ばしと思っていた。。

鹿島のイメージが強いので、最初青黒ユニに最初違和感あったが途中からは完全に慣れた。

サポーターに勇気をもたらすコーチングは素晴らしかった。完全体の昌子をガンバで見たい!

DF 4 藤春廣輝

画像9

26試合 0得点 3アシスト

気づけば32歳と年長者に。昨シーズンの夏場はシステムへの適応に苦しみ失点に直結するミスを立て続きに起こし精彩を欠いた。

怪我の影響もあり福田に左SBのポジションを取られそうになったが、怪我人大量発生の兼ね合いでレギュラーに返り咲いた。

不器用な選手だが、高めのポジションを取り、相手ゴール近くでは中にはいって攻撃に参加するなど新境地を開拓しようともがく姿は素直にかっこいい。

このくらいつく姿勢こそが藤春の真骨頂。アウェー横浜FC戦でのカバーリングなどを見てもわかるように守備面では心強い選手になった。

DF 5 三浦弦太

画像10

20試合 2得点 1アシスト  U-23 1試合 0得点 0アシスト

怪我もあり加入後ワーストの試合出場数となったが、苦しい夏場を支えたキャプテン。

この3年近くは、弦太の成長物語を間近で見させていただいてるような気がする。加入当初とは違った頼もしい選手になった。

弦太らしいキャプテン象が見えた1年だった。ピッチ内外でも冷静でトークもうまく、どんな業界でも重宝される人なんだなと改めて実感。

弦太のDFとしてのポテンシャルは日本トップクラスなので、後はクロスへの対応を改善していきたい。

DF 13菅沼駿哉

画像11

9試合 0得点 0アシスト U-23 1試合 0得点 0アシスト

夏場の怪我もあり復帰後ワーストの試合出場だった。9試合しか出ていなかったことにびっくり。

弦太と昌子の離脱時はヨングォンとCBのコンビを組み存在感を発揮。

円熟味を増した守備はレギュラークラスと遜色なかった。

菅沼が控えているのはほんとに心強い。他クラブも狙っていると思うので流出は避けたい。

DF 17 新里亮

画像12

1試合 0ゴール 0アシスト U-23 3試合 0ゴール 0アシスト

怪我もあり出場機会は少なかったが、良い選手だなとルヴァン杯柏戦でのパフォーマンスを見て思った。

通常のリーグ戦ならもっと出場機会あったんだろうなと思う。

システム変更の影響を受けた選手だと思う。

強気に縦パスを出すビルドアップの姿勢は非常に好きだった。

DF 19 金英権(キム ヨングォン)

画像13

28試合 0試合 0ゴール

影のMVPといっていいくらいチームを支えたCB。アジアトップクラスの実力を発揮。絶対に流出してはいけない選手。

フィジカルも強く、足が速く、左利き、ビルドアップ能力も高いというスーパーな選手。

今まで見てきたCBの選手でもベスト3に入れたいくらいCBとしては全てのスキルが高い。

DFラインでプレスをかけてきたFWをいなすテクニックは惚れ惚れする。

なんでヨングォンがベストイレブンに入らないんだろうと不思議でならない。球際での強さでチームに勇気をもたらす守備は心を突き動かされた。

ヨングォンをベストイレブンに選出した日向坂の影山さんは本物だなと思った。

恐らくもっと攻撃の部分でチームに貢献できる選手なので、ヨングォンの攻撃センスが活きる戦術整備を恒さんにはしてほしい。

 

今回は以上になります。

予想以上にハードでしたので3~4回くらいで完結できればと思います。

ヤス