広げる世界

好きなことをとことん追求します!!

MENU

天皇賞・春 part1

先週のマイラーズCは急遽乗り替わりの古川吉洋騎手の代打騎乗で結果を残す職人芸に感動しました。

ということで今回は天皇賞春の出走馬チェックになります。

 

◎本命候補
☆注目馬
▲有力馬
▽有力馬(できれば買いたくない)
ー無印(消し)

 

アリストテレス ルメール
エピファネイア 母父ディープインパクト
前走の阪神大賞典は7着と大敗。プリンシバルS以来の掲示板外だった。
AJCCで不良馬場勝ったが、良馬場でこその馬というのを前走証明した。
エピファネイア産駒は揉まれ弱いので、できれば外枠が理想。
マークされると前走のような凡走もあり得る。
リンカーンの甥というのもあってステイヤーとしての素質はある。
良馬場なら有力馬、重馬場なら評価を下げたい。

◎ウインマリリン 横山武史
スクリーンヒーロー 母父フサイチペガサス
前走の日経賞は先行して、押し切る横綱競馬を見せた。
フローラSオークス東京競馬場の広いコースでも好走しているが、基本的にはエリザベス女王杯日経賞のような内回りの坂のあるコースで
パフォーマンスを発揮する。
スクリーンヒーロー産駒は相手強化でパフォーマンス向上しやすい傾向があるので、相手強化される今回は狙い目である。


オーソリティ 川田将雅
父オルフェーブル 母父シンボリクリスエス
前走は東京3400mのダイヤモンドS2着。東京コースは3戦して連対率100%(1着2回、2着1回)と相性が良い。
青葉賞アルゼンチン共和国杯は持続力を活かした勝ち方だった。
右回りだとパフォーマンスを落ちる傾向、前走のダイヤモンドSは斤量56キロで2着で敗戦。
今回は阪神の3200mで行われるので右回り、前走より斤量がプラス2キロ(58キロ)とマイナス材料が増える。
しかもそこそこ人気しそうなので、過剰評価傾向なので消し評価にしたい。

ーオセアグレイト 横山典弘
父オルフェーブル 母父バーリ
昨年のステイヤーズS(3600m)勝ち馬。持続力勝負に強い馬なのでGⅠクラスのスピードが求めらると能力が足りない。
前走は内有利の馬場での敗戦なので、着差以上の負けはないが前走の方が適性は合っていたので、消し評価に。

▲カレンブーケドール 戸崎圭太
ディープインパクト 母父スキャットダディ
実績なら今回出走する馬の中ではナンバーワン。オークス秋華賞ジャパンC2着とどんな相手でも相手なりに走る馬。
重賞未勝利なのが不思議だが、決め手に欠けるとも言える。持続力の鬼であるスキャットダディを母父に持つので今回も大負けすることはないと思うが。
オークスから昨年のジャパンCまで主戦騎手を務めた津村騎手との相性が良かっただけに、3連続乗り替わりはマイナス材料。
鞍上交代後は過剰評価傾向もあるので評価は割り引きたい。

ーゴースト 鮫島克駿
ハーツクライ 母父コジー
前走の阪神大賞典は心房細動の影響で競争中止。前走の阪神外回りの方が適性は合っていただけに今回内回りの舞台設定変わりはマイナス評価にしたい。

ーシロニイ 松若風馬
キングカメハメハ 母父サンデーサイレンス
前走の阪神大賞典は4着と大健闘。前走は時計のかかる重馬場というのもあり最高に近いパフォーマンスを発揮できた。
流石にGⅠでは力落ちが否めないので、消し評価に。


ージャコマル 横山和生
ダノンシャンティ 母父トニービン
前走日経賞5着と健闘。年末のグレイトフルS勝利以降も重賞クラスで善戦。ダノンシャンティ産駒なので流石に3200mは距離長いのと能力を考えると今回は消し評価が妥当。

 

part2は明日以降に更新します。

 

ヤス