広げる世界

好きなことをとことん追求します!!

地方交流重賞 かしわ記念(Jpn1) 予想

GWの地方交流重賞3日目

 

かきつばた記念     5月3日 ◎スマートセラヴィー 4人気7着

兵庫チャンピオンシップ 5月4日 ◎ゴットセレクション 1人気2着

かしわ記念       5月5日


兵庫チャンピオンシップはリプレーザの幸騎手が見事な騎乗でした。2日連続での交流重賞制覇はお見事でした。
ゴットセレクションの中井騎手も良い騎乗でしたが、幸騎手が120%の騎乗を見せたという感じでした。

馬券はゴットセレクションの3連単から買っていたので、外しました。


かしわ記念

 

ということで今日予想するのは、船橋競馬で行われるかしわ記念
かきつばた記念兵庫チャンピオンシップは有力馬とその他の馬の差が大きくJRA勢が独占でしたが、今回はJRA、地方勢共に強いメンバー揃ったので、予想がおもしろいです。

 

抑えておきたいポイント

 

・基本内枠が有利。

・逃げ、先行が有利(地力ある馬なら差しでも可)

・父ゴールドアリュール、米国系の馬


地方競馬はよほどのハイペース、地力のある馬がいない限りは基本的に逃げ、先行が有利です。
(大井、盛岡除く)

なので、今回も逃げ先行の内枠からと言いたい所ですが、今回は逃げ馬が多いのでハイペースになると思うので中団よりの先行で好位で競馬できる馬、ダート血統、地力のある馬を軸にしようと思います。

ということで本命は

 

◎⑩インティ 武豊

ケイムホーム 母父ノーザンアフリート

一昨年のフェブラリーS勝ち馬で一昨年のかしわ記念2着馬のインティ。2019年当時よりかは、多少の衰えは見えるが条件さえハマれば2020年のチャンピオンズカップ3着と
まだまだ通用する力は持っている。

この馬は揉まれ弱く自分のペースで競馬できないと脆さを出してしまうので、逃げれなければ凡走というケースが多い。
全盛期よりスピードが落ちたので、スタートのスピードがつかなくなったので、マークされやすくなったと推測している。

ただ、前走のフェブラリーSでは出遅れたものの差すレースをし、上がりタイム2位を記録した。
着順こそ6着だったが内容のある6着だった。

今までは逃げ一辺倒の競馬だったが、差す競馬を覚えたのは今回プラスになると思う。
前走みたいに出遅れると厳しいがスタートが上手く出れて5,6番手で競馬できればおもしろい。
揉まれることなく競馬できれば復活の勝利があってもおかしくない。

ケイムホームの父ゴーンウエストはフレッシュな状態の方がパフォーマンスを発揮する。
インティも中7~9週のローテだと4戦して複勝率100%(2-0-2-0)と好走するローテーション。

鞍上の武豊騎手がこのレースに間に合ったのも大きい。気難しい馬なので、折り合い上手の武豊騎手が乗れるのもプラス評価に。


〇⑥カジノフォンテン 張田昂
カジノドライヴ 母父ベストタイアップ

 

昨年の東京大賞典2着、今年の川崎記念1着と最大の上がり馬。
カジノドライヴは晩成血統で、当馬も古馬になり一気に成長をしてGⅠを勝つまでになった。
まだ、5歳なので上がり目はあるが現状地力では、カフェファラオやインティに劣るのと少し距離が短いので対抗評価に。


▲③カフェファラオ ルメール
アメリカンファラオ 母父モアザンレディ

 

今年のフェブラリーS勝ち馬。明け4歳で上昇度と地力は現メンバーでナンバー1。
普通なら当馬を本命にするべきだが、アメリカンファラオ産駒は総じて揉まれ弱い馬が多いので内枠はマイナス評価に。
枠がマイナスポイントになったので、3番手評価にした。

カフェファラオも唯一の地方のレースに出走したジャパンダートダービーは7着と負けた。
馬場が重馬場というのもあって大敗した可能性もあるが、地方の馬場自体が合わない可能性もあるのでマイナス評価に。

ただ、あっさり勝たれてもおかしないポテンシャルはある。

 


◎⑩インティ
〇⑥カジノフォンテン
▲③カフェファラオ
△⑤ミューチャリー
△⑫サンライズノヴァ
△①タイムフライヤー
△⑪ソリストサンダー
買い目
3連複フォーメーション
⑩-③⑤⑥-①③⑤⑥⑪⑫
単勝
⑩インティ
サンライズノヴァ

 

 

ヤス