広げる世界

好きなことをとことん追求します!!

MENU

紫苑S 有力馬診断

久しぶりの競馬ブログです。

 

今回は秋華賞トライアル紫苑Sの有力馬診断になります。

 

▽エクランドール ルメール

G I3勝馬フィエールマンの妹。
母リュヌドール一族は虚弱な体質が多く、フィエールマンも間隔を空けたローテでパフォーマンスを発揮。

エクランドールは今回中15週以上空けての出走。
ローテは問題ないが。。
ルメール騎手が騎乗で過剰人気が予想されるので馬券的妙味は。。

 

〇ファインルージュ 福永祐一

フェアリーS勝ち馬で桜花賞3着馬。
キズナ、母父ボールドルーラー系(米国系)

米国の持続型要素が強い血統なので本質的にはマイラーだが、開幕週なので高速馬場になれば勝ち負けでもおかしくない。

去年の勝ち馬マルターズディオサも父キズナ、母父米国系。

 

★スライリー 石川裕紀人

前走オークスは先行勢が全滅で後方待機が有利なレース、間隔詰まったローテで凡走。

休み明けでフレッシュな状態、距離短縮で巻き返す可能性は高い。

開幕週なのもプラス。

 

ーハギノピリナ 藤懸貴志

キズナ、母父アドマイヤムーン

前走は展開に恵まれた面もありオークス3着。
揉まれ弱い馬なので、後方待機の極端な競馬でパフォーマンス発揮。

開幕週なので後方待機で届くかは怪しいのと、東京コースのような広いコースの方が本質的には合うと思う。

 

△プレミアエンブレム 横山武史

ルーラーシップメジャーエンブレム

話題の良血馬。母父ダイワメジャーなので持続力がある馬。

ルーラーシップ産駒は3歳夏以降に完成する傾向にあるので当馬もその成長曲線に該当。

前走のパフォーマンスが高く、良馬場なら楽しみ。

 

△ホウオウイクセル 丸田恭介

母母メジロドーベル、父母エアグルーヴというロマン溢れる血統。
持続力に長けた馬でフラワーCは好位から正攻法の競馬で勝利。

桜花賞は適性とローテが合わず惜敗。
その後は故障もあり休養。

適性は合うが故障明けなので最終追い切りを見て判断したい。

 

ヤス