広げる世界

=1分だけ好きを語らせてください=

MENU

【競馬予想】チューリップ賞・オーシャンS

先週は公開しなかった阪急杯が的中、公開した中山記念がハズレと嬉しさと悔しさ半分といった所です。

 

中山記念を勝ったパンサラッサのハイペースで逃げての勝利は圧巻でした。

当レースを選択した陣営が圧巻でした。小回りでこそ活きる馬だと思うので大阪杯でどこまで通用するかが見たい所。

 

阪急杯は内を強引に確保したダイアトニックが復活の勝利。

芝1400mがベスト条件なので、次走は評価を落としたい所。

このレースは岩田康騎手と鮫島克駿騎手の馬場読みが見事なレースでした。

 

チューリップ賞 展望

 

桜花賞トライアルで唯一本番と同じ阪神芝1600mの条件で行われる。

阪神JFから桜花賞へ直行が最近の主流ローテになっているが、今年はサークルオブライフ、ウォーターナビレラ、ナミュール阪神JFで上位に入った馬が出走。

近年にはないレベルの高いレースが予想される。

ナミュール以外は、重賞勝ち馬なので賞金的には足りてるのでここを叩いて桜花賞が本番と見られる。

逆にナミュールはここを最低でも2着に入らないと、今後のローテに影響が出るので何としてでも賞金を確保したい。

 

本命馬

   

⑨ウォーターナビレラ 武豊

 

f:id:high_revolution:20220304194726p:plain

写真:日刊スポーツ

 

父シルバーステート 母父キングヘイロー

 

前走は差し追い込みが有利な馬場で先行して3着という競馬でした。

見た目にはわかりづらい内容でしたが、個人的には阪神JFの内容は評価したいレースです。

母父キングヘイローのスピード持続力が強化された馬で、先行してスピードを持続する馬が有利なレースには最も適した馬になります。

チューリップ賞は、先行して前目につけれる馬がかなりの高確率で好走するレースなので、ウォーターナビレラが現段階では最もパフォーマンスを発揮できる可能性が高いという見立てで本命に推奨しました。

 

一昨年のマルターズディオサのような勝ち方をイメージしています。

 

◎⑨ウォーターナビレラ
〇⑥ナミュール
▲③サークルオブライフ
☆②ジャマン
△⑪ルージュスティリア

 

オーシャンS 本命馬

⑦ジャンダルム 荻野極

 

f:id:high_revolution:20220304194814p:plain

写真:サンスポ

 

キトゥンズジョイ 母父サンデーサイレンス

 

歳を重ね母ビリーヴの血が色濃く出てきて、短距離にシフトチェンジしたジャンダルム。

前走は休み明け、大外枠、大幅な馬体重増と敗因が明確なのでノーカウント。

今回は得意の小回り、一桁枠順を取れたので、ジャンダルムの好走パターンに該当します。

昨年の春雷Sでのパフォーマンスは圧巻だったので、当時と同じ走りを見せれば勝ち負けは充分あり得ます。

スタートさえスムーズに決めてほしい所です。

 

◎⑦ジャンダルム
◯⑧キルロード
▲①マリアズハート
△④ダイメイフジ

 

 

チューリップ賞は明日の15時35分、オーシャンSは明日の15時45分発走予定になります。

 

 

f:id:high_revolution:20211114104100p:plain