広げる世界

=1分だけ好きを語らせてください=

MENU

【競馬予想】大阪杯

◎⑨アリーヴォ
〇⑥エフフォーリア
▲④ジャックドール
△⑭レイパパレ
△⑧ポタジェ
△②レッドジェネシス

見解

大阪杯が行われる阪神芝2000mは内回りコースなので、速力と持久力が問われるレースになります。

速力と持久力を持つ米国系の血を持つ馬が血統的に狙いたいです。

父はほぼ日本型の種牡馬が占めるので、母系の血統に注目したいです。

画像1

母父米国系の馬は半分以上いるので、そこから絞る作業に入らないといけないです。

ジャックドール、エフフォーリアの2頭が抜けているので、底を見せている馬よりかは伸びしろがありほんの僅かでも逆転ができる可能性がある未知の馬を本命に推奨します。

ジャックドール、エフフォーリアの重箱の隅を突くような予想しないと+収支にならないなと思います。

ジャックドールの単勝で勝負するのも考えましたが、万が一雨降ったらパフォーマンスを下げると見ているので、流石に1倍台のエフフォーリアの単勝は買えないです。

なので、今回は3連系の穴馬狙いという方向にシフトしました。

 

本命馬はアリーヴォ

 

f:id:high_revolution:20220403001400p:plain

写真:サンスポ

ドゥラメンテ 母父のハーランズホリデー

母父ハーランズホリデイは世界のストームバード系で昨年2着のモズベッロの母父もハーランズホリデイ。


ドゥラメンテは日本の主流系統であるキングマンボ系とサンデーの血を持つ超良血種牡馬で、根幹距離の阪神芝2000mは合うと見ています。

アリーヴォ自身は小倉で実績を上げているので小倉巧者と思われがちですが、小回り坂のあるコースでこそもっとパフォーマンスを上げると血統的背景からは読み取れます。

未知の可能性を秘めた馬なので、本命に推奨します。

対抗はエフフォーリア

昨年の年度代表馬であり現役最強馬。

前走は万全の状態ではないながらも勝ったので、8割の仕上げでも勝ち負けできると思います。

決してこのコース設定がベストではないと思いますが、小回りの坂コースに対応実績もあるので、上位評価にするのが妥当です。

穴候補はポタジェ、レッドジェネシス

ポタジェの秋天は、状態が向かない状態で勝ち馬と0.8秒差の6着。
前走も中間調教を追い込めず、内前有利の馬場で追い込んで4着と中身のある競馬内容。

血統も父ディープ、母父ヴァイスリージェント系と大阪杯に向く血統なので本命も考えましたが、調教過程があまりよくなくて評価を落としました。

レッドジェネシスは、高速決着には対応が難しいと思うので、京都新聞杯神戸新聞杯のようなタフなレースの方が当馬にとって合うと見ているので、もし雨が降れば狙う価値のある馬かなと思います。

父ディープ 母系にストームキャットサドラーズウェルズ系の血を持つので血統的に魅力的です。

買い目

単勝
⑨アリーヴォ 200円
馬連
⑨-④⑥ 各100円 計200円
ワイド
⑨-④⑥ 各200円 計400円
3連複軸1頭流し
⑨-②④⑥⑧⑭ 各100円 計1000円

f:id:high_revolution:20220102011551p:plain