広げる世界

=1分だけ好きを語らせてください=

MENU

ヴィクトリアマイル 有力馬診断

ヴィクトリアマイル 有力馬診断
※印は[★激走候補~〇有力~▽軽視~―無印」を表します

 

アカイイト 幸英明

キズナ 母父シンボリクリスエス

新馬戦以降はずっと1800m以上を使われていました。
成績が示す通りマイルは距離が短く、この馬の持ち味は発揮できる可能性が低いと見ています。

ソングラインと同じ母父シンボリクリスエスですが、アカイイトの牝系は中距離型の馬が多いので同じ母父でも全く異なる適性を持っているという見方で良いかと思います。
スイートスポットの阪神芝2200mなどの坂がある非根幹距離で狙いたいです。

 

ーアブレイズ 菅原明良

キズナ 母父ジャングルポケット

初のマイル戦。広いコースの方が合うので前走、前々走よかは条件的には合うかと思います。

揉まれずスンナリと好位を取れれば人気以上に走る可能性はありますが、取れたとしても東京芝1600mというスピードと瞬発力が求められるレースは向いていないと思うので無印評価予定です。

 

〇アンドヴァラナウト 福永祐一

キングカメハメハ 母父ディープインパクト

左回りを得意とする馬で休み明で大幅に馬体重が増えた愛知杯を除くと左回りでパフォーマンスを発揮しています。

トニービンの血特にエアグルーヴダイナカール)が牝系なので東京コースは庭である可能性が高いのと、左回りに変わることでパフォーマンスを上昇すると見ているので高評価の予定です。

ノーザンテーストの血を持つので古馬になり上昇するので一気にパフォーマンスを上げてくる可能性を秘めている1頭です。

鞍上が戦略家で馬場を読める福永騎手なのも心強いです。

 

〇ソダシ 吉田隼人

クロフネ 母父キングカメハメハ

秋華賞以来の芝レース。同脚質の馬が多数おり一般的には厳しく尚且つ東京コースは末脚ある馬が有利なので評価はしづらいのが正直な所ですが、クロフネ産駒は過去にもホエールキャプチャ、アエロリットと好走実績があるのと今までも常識を破ってきた(特に桜花賞)馬なので不気味な存在ではあります。

現役屈指のスピードの持続性を持つ馬なので、評価しざるおえないという所です。

 

▽シャドウディーヴァ 坂井瑠星
ハーツクライ 母父ダンシリ

母系は欧州色が強く雨の影響でタフで馬力が求められれば面白い。
ただ前走の金鯱賞と同じコンディションだと能力的に足りないかなという見立てです。
最終追い切りで攻めた調教できていれば評価を上げる予定です。

 

★ソングライン 池添謙一
キズナ 母父シンボリクリスエス

2走前は右回りが敗因なのでノーカウントで問題ないかと思います。

この馬の好走条件の左回り、相手強化という条件を満たしている今回は買い頃です。
牝馬キズナ産駒で母系が短距離を主戦場にしていた+スピード血統なので高速馬場に強いマキャヴェリアンを牝系に持つエリート血統なので、高速決着の東京マイル戦はスイートスポットです。

良馬場で天気がよければ文句なしの本命候補の予定です。

 

▽テルツェット レーン
ディープインパクト 母父ダンシリ

昨年の大敗は能力というよりも臨戦過程に問題ありなのでノーカウント。
ただ、底が見えつつある勢いがないディープ産駒なので買い材料が特別ないというのが正直な所です。
3連系の3列目なら買っても良いという評価ですが、レーン人気するようであれば買わないという評価です。

 

 

▽デアリングタクト 松山弘平
エピファネイア 母父キングカメハメハ

東京コースは合うと思いますが右前肢繋靭帯炎という大怪我で長期休養明けという事を考えるとここは静観がベターかなという評価です。

桜花賞エルフィンSは好パフォーマンスで、オークス秋華賞は相手関係に恵まれたという評価でいます。

ジャパンCは斤量の恩恵を受けての3着なので着順通りの評価をするのは少し危険かなと思います。

万全な状態でも4歳世代+レイパパレと比較しても1枚劣るという評価なのでここは見送りで勝つor馬券圏内に入ったら仕方ないくらいの割り切りで馬券買うのがベターかなと思います。

 

▽デゼル 藤岡康太

ディープインパクト 母父ルアーヴル

母系は欧州色が強く雨が降り極端な外差し馬場になれば面白い1頭。
鞍上も馬のリズムを重視する藤岡康太騎手に乗り替わるのはプラスです。

穴として評価していますが、枠と馬場次第の所があるので状況次第では無印の可能性もあります。

3連系の3列目辺りで買うのを推奨します。

 

★ファインルージュ ルメール

キズナ 母父ボストンハーバー

母系は短距離を主戦場にしていたので、スピードキレ重視のキズナ産駒という見立てでいます。
昨年秋は向いていない2000mでも好走するあたり能力の高さを示しました。

前走は馬体重が太め+勝ち馬が強かったのもあり2着に。
状態がよければ高評価予定です。

 

ーマジックキャッスル 戸崎圭太

ディープインパクト 母父シンボリクリスエス

昨年の3着馬と実績はありますが、昨年の秋以降はパフォーマンスが下降線なのが懸念材料です。
旬のすぎたディープ産駒と見ているので手を出しづらいというのが正直な所です。

 

ーミスニューヨーク Mデムーロ

キングズベスト 母父マンハッタンカフェ

晩成血統ということもあり4歳になり本格化しました。鞍上が加藤騎手→デムーロ騎手への乗り替わりによりポテンシャルが大きく発揮されるキッカケになりました。

ただ、左回りだとパフォーマンスを落とすのとキングズベスト産駒という非主流血統なので東京コースよりかは中山、阪神などの中距離レースで狙いたい馬です。

タフな馬場でパワーと馬力が求められれば評価を上げるかもしれないですが、現状は無印評価の予定です。

 

▽メイショウミモザ 鮫島克駿

ハーツクライ 母父フレンチデピュティ

メイショウベルーガエリザベス女王杯2着という実績を持つなど中距離で活躍してきましたが、メイショウミモザはイレ込み癖もあり能力を発揮することができませんでした。

ただ、今年に入り気性面の成長もあり3勝クラス卒業し阪神牝馬Sでは大金星を上げました。阪神芝1600mの勝ち馬なのでここでも買うのがベターですが、阪神牝馬Sは鮫島騎手の好騎乗による勝利と見ているのと前走以上のパフォーマンスを発揮できる材料が見つからないので低評価の予定です。

ただ、鮫島騎手は馬場を読める優れた頭脳派騎手なので3着争いに食い込む可能性は馬場次第ではあるとみています。

 

〇レイパパレ 川田将雅

ディープインパクト 母父クロフネ

約2年ぶりのマイル戦。血統的にも中距離要素が求められる芝1600~1800mがベストな馬でしたが、川田騎手の教育もあり2000m~2200mでもGⅠで勝負になっていたという見立てです。

教育の成果が出て金鯱賞大阪杯と逃げなくても高パフォーマンスを発揮しました。

前走は外枠で逃げるジャックドールをマークしつつの競馬と厳しいペースでレースを進めての2着は価値がある2着でした。

今回は距離短縮ローテで折り合いやすい条件が揃い、逃げれなくても好走はできると見ています。

何よりも川田騎手が切望していた舞台でのレースなので、勝負気配はかなり高いと見ています。

川田騎手は真面目で正直に馬の状態について答えてくれるので、川田騎手のコメントは馬券を買う上で素直に信用した方が良いです。

 

▽レシステンシア 横山武史

ダイワメジャー 母父リザードアイランド

1年ぶりのマイル戦。前走の横山武史騎手の騎乗について批判は多いですが、レシステンシアはハイペースのレースでこそパフォーマンスを発揮する馬で、最もパフォーマンスを発揮する形に持っていた結果負けてしまいました。

馬体重が大幅に増えたのが敗因と見るか、下降線を辿ってるかとみるかで評価が割れる馬です。

仕上がりが早いダンチヒの血を持つので馬のピークが下降線を辿ってる可能性は大いにあるというのが血統背景を見て思います。

適性から見ても東京芝1600mは差し追い込み馬が有利で逃げ戦法がプラスになるとも言えないという観点からも無印に近い低評価です。