広げる世界

=1分だけ好きを語らせてください=

MENU

【競馬予想】ヴィクトリアマイル

京王杯SCはメイケイエールが勝利しました。1200mから1400mの距離延長で道中折り合いに苦戦しましたが、池添騎手の折り合いに専念した効果があり差し競馬に徹することができて直線で強さを発揮し重賞5勝目を上げました。

 

2着スカイグルーヴ、3着タイムトゥヘヴンは直線で差し競馬に徹する騎乗をしたルメール騎手、大野騎手の騎乗がお見事でした。

 

本命に推奨したミッキーブリランテは11着と惨敗でした。もう少し馬場がタフになるという読みが間違えていました。

改めて馬場読みの重要さを実感しました。ミッキーブリランテは間隔を詰めて内枠なら押さえで買おうかなと思います。

 

見解

ヴィクトリアマイルは東京芝1600mで行われるレースで近年は、差し馬や鋭い末脚を持つ馬が上位に来ています。

昨年の2着馬ランブリングアレー、3着馬マジックキャッスル共に父ディープ産駒の差し馬でした。

 

1800m~2000mのレースで高いパフォーマンスを発揮していた馬が1600mへ距離短縮or路線変更した馬が能力を発揮する傾向が続いています。

 

今年も同じような傾向が続くと見ています。

 

狙いたい血統

●日本の主流馬場で能力を発揮する血統。父ディープ系、キングマンボ系

本命馬

⑪ファインルージュ ルメール

キズナ 母父ボストンハーバーボールドルーラー系)

 

写真:スポニチ

ファインルージュのベストパフォーマンスは2021年の桜花賞3着。

この桜花賞は近年稀にみるレベルの高いレースで今回はその勝ち馬のソダシが出走しますが、差し有利の東京コースなので差し脚質のファインルージュの評価を上げて本命にしました。

昨年秋は向いていない2000mの紫苑S秋華賞で好走するあたり能力の高さを示しました。

前走は馬体重が太め+勝ち馬が強かったのもあり2着になりましたが、ここを目標に仕上げて攻めを強化しているのもあり馬券圏内の3着に入る確率は高いと思います。

桜花賞を超えるパフォーマンスを発揮するのを期待します。

 

◎⑪ファインルージュ

〇⑬レイパパレ

▲②ソングライン

△⑤ソダシ

△⑮アンドヴァラナウト

△⑯デゼル

△⑭アカイイト

△⑱テルツェット

 

買い目

単勝

⑪ファインルージュ 1000円

馬連

⑪-⑬ 600円

②-⑪ 400円

⑤-⑪ 200円

⑪-⑮ 100円

ワイド

⑪-⑮ 600円

⑪-⑭⑯⑱ 各200円 計600円