広げる世界

=1分だけ好きを語らせてください=

MENU

【競馬予想】平安S

ヴィクトリアマイルはソダシの圧勝でした。芝のマイルが適性舞台だと思っていましたが私が思うよりも強い内容の勝利でした。

 

たらればですが牝馬でダートGⅠ好走する地力の高さをもっと評価するべきでした。

本命のファインルージュは直線で躓き馬券圏内難しいかなと思いましたが、そこから立て直し2着に入り能力の高さを見せました。

 

3着レシステンシアは有力馬が後ろで牽制するという展開の恩恵を受けた結果の3着、4着ローザノワールは18番人気4着と2週連続最低人気があわや馬券圏内かという見せ場を作りました。ローザノワールはノーマークでスンナリ逃げれたのが良かったですがGⅠでこれだけのパフォーマンスを見せれるのであれば重賞は獲れると思います。

 

次走注目したいのはソングライン、アブレイズの2頭になります。

ソングラインは外枠の左回り、アブレイズは重賞クラスのレースで広いコース+外枠になれば狙いたいです。

見解

平安Sは今年も京都競馬場が改修工事の為中京ダート1900mで行われます。

中京ダート1900mは坂もあるのでスタミナとタフさが求められます。

 

ダート中距離の重賞クラスのレースになると誤魔化しが効かなく馬の能力(絶対値)がそのまま反映されるので、シンプルに強い馬を買う事を推奨します。

 

本命馬

④テーオーケインズ 松山弘平

シニスターミニスター 母父マンハッタンカフェ

 

写真:スポーツ報知

 

圧倒的1番人気のテーオーケインズを本命にするかは凄く悩みました。

良馬場じゃなければオーヴェルニュ、ケイアイパープル辺りを本命にして妙味を狙いたかったですが馬場がギリギリにならないとわからい且つ恐らく良馬場で、稍重になったとしても良馬場に近い稍重かなと思い馬場不問でこのメンバーなら能力が断然突き抜けているテーオーケインズを本命にしました。

 

テーオーケインズの強さは帝王賞、チャンピオンズCで証明しているので今更説明不要かと思います。

特にチャンピオンズCは圧倒的なパフォーマンスを見せて勝利し現役No1ダートホースの座を手にしたと言ってもいい強さでした。

 

ただ、今回懸念点を上げるとすれば海外帰りなのとここが本番じゃないのが明らかにわかっているということです。

ちょっと消去法な本命感が否めないですが、他の馬がテーオーケインズに付け入る隙と複勝圏内に入る確率など様々なアプローチを考えた所、テーオーケインズを軸にするのがベターと思い本命にしました。

 

◎④テーオーケインズ

〇⑨サンライズホープ

▲②オーヴェルニュ

△③ケイアイパープル

△⑧スワーヴアラミス

 

買い目

良馬場の場合

馬単

④-②③⑧⑨ 各200円 計800円

ワイド

④-⑨ 300円

 

稍重~不良馬場の場合

馬単

④-②③⑧⑨ 各100円 計400円

馬単裏表

②-④ 各100円 計200円

馬連BOX

②③④⑨⑧ 各200円 計2000円