広げる世界

=1分だけ好きを語らせてください=

MENU

【日曜 競馬予想】安田記念&平場予想

6/5 注目の新馬は東京6R2歳新馬に出走するシャンディエン 父ドレフォン 母父フジキセキ 母は小倉2歳S勝ち馬のデグラーディア。繁殖牝馬としてもOP馬ドミナートゥスを出すなどデビュー馬5頭中3頭が勝ち上がりを決めているのでここも勝ち上がりを期待したいです。

 

父ドレフォンなので早い時期から芝ダート問わず活躍が期待できると思います。

安田記念 東京芝1600m

東京競馬場の芝1600mは紛れがないコースでシンプルに能力決着になることが多いです。
シンプルに安田記念で実績を残した馬、親和性の高い阪神コースで行われたマイルCSで高いパフォーマンスを発揮した馬が上位に来ると見ています。

 

本命馬

④ダノンザキッド 川田将雅

 

写真:サンスポ

ジャスタウェイ 母父Dansili

父サンデー系、母父ダンチヒ系と短距離寄りのマイル戦に強い血統。
兄のミッキーブリランテも1400~1600mを主戦場にしています。


ダノンザキッドは阪神で行われたマイルCS3着と好走し能力の高さを証明しました。

前走の中山記念は主戦の川田騎手曰く「中山に嫌な記憶があって、走る気になってくれなかった」というワケありの敗戦で、当初はドバイへのプランもありましたが安田記念一本に絞り調教過程で万全の状態で臨むことができそうです。

 

2歳時の東スポ杯2歳Sではタイトルホルダーに完勝した時と同じく坂路調教で、得意の左回り東京コースに替わるのはプラスに働くのと、人気落ちの今回は狙い頃と見て本命に推奨します。

 

その他見解

 

ダノンザキッドと同じくマイルCSで好走したシュネルマイスターは海外帰りで調教後の馬体重が絞れていなくて本調子ではないと見て4番手評価に落としました。


高評価は⑦ファインルージュ、⑬ソングライン。
ファインルージュの前走ヴィクトリアマイルは前有利のレースで差しての2着。直線で躓く不利がありながら、立て直しての2着は価値の高い2着で前走に引き続き好走可能と見て対抗評価に。牝馬キズナ産駒母父ボールドルーラー系と短距離寄りのマイル戦にも血統的に合うと見ています。


ソングラインの前走ヴィクトリアマイル敗戦の理由は内枠、前有利のバイアスの2点で今回は外枠を引いて揉まれずスンナリ競馬できてこの馬のパフォーマンスが発揮できる条件は揃っています。
ソングラインも牝馬キズナ産駒母系は短距離血統で安田記念に合う血統と見ています。

 

◎④ダノンザキッド
〇⑦ファインルージュ
▲⑬ソングライン
△⑨シュネルマイスター
△⑧イルーシヴパンサー
△①カフェファラオ

 

買い目

単勝 ④ 700円 複勝④ 1400円
馬連 ④-①⑦⑧⑨⑬ 各200円 計1000円
ワイド④-①⑦⑧⑨⑬ 各400円 計2000円

 

平場予想(推奨馬一覧)

中京7R 3歳以上1勝クラス

⑪メイショウカゲカツ 和田竜二
ダンカーク 母父フレンチデピュティ

 

前走は昇級初戦の1勝クラスのレースで3着と好走。ダンカーク産駒のダート中距離は買いなので現状のオッズなら狙い頃です。

中京8R 3歳以上1勝クラス

テイエムファルコン 菱田裕二
スマートファルコン 母父アドマイヤムーン

間隔が詰まったローテでパフォーマンス発揮する馬。休み明け3戦目の中1週ローテは狙い頃。
血統的にもDサンデー系のスマートファルコン、母系ミスプロ系、ヴァイスリージェント系を持つのでダート1400mも合う。

 

中京9R 一宮特別 


②タガノカイ 藤岡康太
ノヴェリスト 母父ホワイトマズル

揉まれ弱いのでスンナリ先行or逃げればパフォーマンス発揮。
今回は前回に引き続き少頭数でのレースはプラス。
母父のホワイトマズルの産駒は極端な競馬(逃げ、追い込み)で能力を発揮する馬が多くタガノカイも極端な競馬でこそパフォーマンス発揮します。

 

中京10R 高山S

⑩イクスプロージョン 和田竜二
父オルフェーブル 母父シンボリクリスエス

父オルフェーブル 母父シンボリクリスエスは持久力が出る配合。
イクスプロージョンの前走は展開不利ながら2着に。連軸で買うのを推奨します。

 

中京12R 3歳以上1勝クラス


⑤バリコノユメ 藤懸貴志
ウインバリアシオン 母父フレンチデピュティ

 

前走1秒以上の出遅れで先頭と1秒差の入線。(時計勝負なのに出遅れた分しか負けていなかったのは価値があり)人気し辛い血統、前走の大敗で人気落ちるので狙い頃。

 

東京10R 麦秋S


⑫カワキタアジン 菅原明良
ヘニーヒューズ 母父ディープインパクト

ヘニーヒューズは日本を代表するダート血統。特に東京のダート1400~1600mで強さを発揮する。その父を持つカワキタアジンは初のダート挑戦なので人気がなければ狙って損はないかと思います。