広げる世界

書きたいことを書く!そして伝える!

葛藤から抜け出すヒント??

あなたは今充実していますか??

この問いに今私は、イエスと言えない。

過去もイエスと答えた記憶がない。

何ならお金も職もなかった去年の今頃の方がトータルの充実感があったのでは??と思う。

その頃に比べたら職もあり、お金に少し余裕ができたので趣味に投資できる時間も増えた。

 

一時的な充実感を得ることはあっても1日経てば、充実の日々が薄れてしまう。

自分の欲求を満たす為にお金を使うというサイクルを回っている。

ほんとにそれで良いのか?良いのか?と思う日々。

 

やっつけ作業の日々

最近仕事もプライベートもやっつけ作業というか機械的な日々。

なんとなく目の前の仕事をして、なんとなく野球、サッカー、映画を観てしまう日々。

自分が人間じゃないような感覚。

タスクを処理するだけと言った方が適切な表現になるのかな??

これも一時的には小さな達成感は満たされるが、中長期的な事を考えると幸せな人生にならないのでは?と私は思う。

 

発達凸凹の特性(ASD)でこだわりが強い、ルーティンを好むという特性があるためルーティンを守る自分を否定はしないし、特性に素直になることも大切。

なので週ごと、定期的に自分のルールを塗り替えることが大切なのではとも思う。

携帯のOSをアップロードするのと同じ感覚で自分をアップロードして私は生きていくのであろう。

 

充実感とは??

結論を言うと正直何をしたら充実感を得れるかは自分自身はわからない。

地位と名声を得た時なのか?会社で認められた時なのか?給料アップになった時なのか?彼女ができた時なのか?子供が生まれた時なのか?

突き詰めるとより難しくなる。

仕事は誰しもがやりたい職業に就けるわけではない、やりたい職業に就けなかった時、自分が思い描いていたポジションに辿りつけず挫折をする場合もあると思う。

そんな時自分の会社でどんな価値を見いだせた時に仕事での充実感が得られるのかも。

 

充実感のヒント

お気づきの方はいるかもしれないが、こんな事を書いてるので今の自分に納得はいってない。

そんな葛藤を抱いてる時にお友達とご飯に行った。

一緒にご飯行った人に

「心が動かされる映画を教えてほしい」「考えさせられる映画を教えてほしい」

という問いを受けた。

自分はハッとした。

相手に合う映画を探してる間の時間はとてつもなくワクワクした。

心が満たされていた感覚だった。

脳が辞書のように検索をかけて映像で過去の記憶を呼び起こす作業をしてる間は凄く純粋に楽しかった。

もっと良い映画を観て相手のニーズに合う作品を勧めたいという気持ちになった。

自分が必要とされる喜びを感じる気持ち、相手のニーズを満たすことで自分も相手も幸せになれればベスト。

映画を観るにしても、自分がおもしろそうという気持ちで観るのも楽しいけど、あの人にはこの映画が合ってるんじゃないか?この人におススメしたいなという視点で日々生活するのが自分の性分には合ってる気がする。

 

人があっての自分だなと再認識した週末だった。

 

もっと自分自身の充実感、幸福感を深く掘り下げていきたい。

そして人と会いアウトプットしていきたい。

他者の価値観を聞くことが学びに繋がる。

 

自分ルールを大切にしながらも、思考を柔軟にし社会に対応し生きていきたい。

 

yasu

 

 

 

 

 

広告を非表示にする