広げる世界

書きたいことを書く!そして伝える!

日本ハム 埋まらないポジション

今日は野球ネタ。

今シーズンは大方の予想を裏切り優勝争いに食い込む日本ハム

 

8月になって気になるのはセカンドのポジションが埋まらないのが気になる。

今年だけの話ではなく将来二遊間を任される若手が育っていない現状は今後を考えると心配。

 

2006年から約10年間に渡り田中賢介がセカンドのポジションを守ってきた。

後釜として西川遥輝を育てようとしたが、守備難の影響で外野コンバート。

杉谷拳士松本剛、渡邉諒なども定着できなかった。

 

来年以降の話はシーズン後にするとして、今年の8月以降誰に二塁手を託すのが良いのかを考えたい。

 

私が考えるセカンド候補リスト

1 石井一成 .189 1本 4点 3盗 OPS .532

私の中では今年石井は二遊間のどちらかでレギュラー獲得をし飛躍のシーズンになる予定だったが伸び悩み。

春先はバッティングでも存在感を発揮してたが夏場に入り失速。

ショートとの併用の影響からか、守備のミスも増えてきた。

日ハム的には石井を育てたいという思いは起用から伺える。

ポテンシャルは高い選手なので伸び率は1番高いように思える。

去年も秋口にかけて成績を残したので、秋に強いかもしれない。

 

2 田中賢介 .226 0本 4点 .608

実績と経験では断トツの選手。

今年は代打での出場がメイン。

日ハム的にはスタメンで起用するという序列では下がっている。

コンタクト能力が高く四球を選び出塁という事に関してはレギュラー陣と比べても戦力になり得る。

勝つという事に関してだけ考えれば田中賢介の起用がベターかなと思う。

 

3 渡邉諒 .114 2本 4点 OPS .425

2013年ドラフト1位で入団した期待の若手。

若手扱いされるのは今年か来年が最後。

恐らく今年結果を残さないと一軍で先行投資的な起用はなくなるのでは?と思う。

なのでこの8月結果残すか残さないかで渡邉の野球人生が変わるので、一個人として注目したい。

東海大甲府時代に見せた輝きを知ってるだけにこのまま終わって欲しくない。

 

4 太田賢吾 .222 0本 1点 .572

今年期待の若手候補に名前を挙げていた選手。

大型内野手としてロマン溢れる選手。

去年夏場にかけて打撃開眼。長打率が大幅にアップし、一軍にも顔を出すこともできた。

高卒のドラフト8位入団3年目という事を考えると順調に成長しているように見えたので、さぁ今年は一軍ベンチメンバーとして一軍定着をして欲しかったが、伸び悩んでしまった。

ファームで打撃成績が落ちてしまい、4年目の今年は苦しんでる。

今年レギュラーを掴むのは少し難しいが、来年以降を考えると残りのシーズンで一軍定着を果たし、来年に繋げてほしい。

 

率直に言うとどの選手も決め手に欠けるので悩む。

勝ちを優先するか、先を見据えるかで起用が変わる。

私が監督ならどの選手も決め手に欠けるのならば将来レギュラーを託せる可能性が高い選手を起用したいという考えなので、石井一成を起用をする。

 

ショートでレギュラーを獲って欲しいので、優勝争いをする夏場の戦いを経験し成長をしてほしい。

 

最後に

恐らく暫くはセカンドは併用になると思うが、今年セカンドのレギュラー争いから一歩抜け出す選手がいるか注目したい。