広げる世界

書きたいことを書く!そして伝える!

あかさたなはまやらわをん

みんなが歌えるラップを

 

昨今世間ではラップブームが巻き起こり今ではブームで終わらず定着したと言えるだろう

しかし、ラップはこの先何を目指すのだろうか

現状はラップというジャンルを認知されているだけであり、ヒットやブレイクとまではまだ言えない

 

続きを読む

2018 Jリーグ第31節 浦和レッズ-G大阪

初の埼玉スタジアム

私事だが念願の埼玉スタジアムでサッカー観戦。

勿論今までも何度も行きたいと思ったがなかなかタイミングが合わず行けなかったです。

ようやく仕事、その他個人的な事が落ち着き少し遅めの夏期休暇を使い、埼玉スタジアムに遠征行くことを決めました。

 

関西との違い

浦和美園駅に降りた時にまず思ったのは「レッズ色が強い」と感じました。

駅の手すり、スロープも赤く 、素直に良いな~と思いました。

街にサッカーが根付いていて良いなーとしみじみ感じました。

駅降りててすぐに埼スタロードという道がありました。

埼スタロードには屋台のお店がありスタジアムまでの道中が退屈しない仕組みになってるのは、なるほど!となりました。

都会から離れた場所にスタジアムが立地されてるので、こういった演出ができるのかな?とも感じました。

f:id:high_revolution:20181110090835j:image

f:id:high_revolution:20181110090909j:image

新たな役割

シーズン前不安を抱いていたポジションがあった。

それは、第2GKだ。

昨シーズンまでは経験値が高い、藤ヶ谷陽介が第2GKを務めていたが、昨シーズン限りで現役を退いた。

藤ヶ谷引退で第2GKは空白のポジションになった。

今年新たな第2GKの役割を担うことになったのは、ユースからトップチームに昇格した4年目の林瑞輝

林は世代別の日本代表GKで、2013年U-17ワールドカップにも出場しているGK。

当時は東口がまだガンバに在籍していなかったので、林がトップチームに昇格して20歳くらいでガンバの正GKになってほしいと思っていたのが個人的には懐かしい。

トップチーム昇格後2年目の2016年にU-23発足し、出場機会を得るようになった。

2017年シーズンのU-23ゴールマウスを守る林の姿は印象深かった。

高卒プロ1年目、高校生(現役ユース選手)でチーム構成がされる事が多かった、昨シーズンのU-23は、前半戦全く勝てない状況でとても苦労した。

サンドバックのように攻められ、シュートを浴びながらもビックセーブを連発する林の姿がとてもたくましかった。

若いGKでこれだけシュートを浴びる経験ができてるのはとても良い経験だと私は思っていた。

昨シーズンの経験を活かしてほしいと思ってたいただけに今年第2GKに定着したのは個人的には嬉しい。

東口の控えという難しい役割で、自身が出番がある時は東口に何かしらのアクシデントがあった時でチームが危機的な状況時にしか出場機会がない分プレッシャーは相当だと想像する。

自分に例えると仕事で絶対的なチームリーダーが入院することになって2週間だけ代役のリーダーを頼む!と急に頼まれるようなものか。

いつ出番が来るかがわからない、チャンスを逃すと他のポジションに比べると出場機会が巡ってくる可能性がかなり低くなる。

メンタルコントロール、準備力が重要なポジションを林は務め、スクランブルでの試合出場時でも安定したパフォーマンスを発揮し指揮官、サポーターからの信頼を高めたのでは?と感じる。

 

f:id:high_revolution:20181110090735j:image

(出典:http://www2.gamba-osaka.net/club/player2018_23_sp.html)

 

 

仕事でも周囲の信頼を高めるには、日々の取り組み着実にできることを少しづつ増やし何か大きな大役任された時の場面を意識と準備をし、新たな役割を与えられた時に自分のスキルを発揮し、プラスαの結果を出す事で周囲の信頼を高め、自分自身がより成長できるステージに上ることができることを、今年の林を見て感じた。

 

私も現在仕事では林のようなサブ的な立ち位置にいるので林の準備力、ここぞの思いっきりの良さは見習いたい。

 

f:id:high_revolution:20181110090930j:image

f:id:high_revolution:20181110090942j:image

 

yasu

 

 

 

 

 

 

2018社会人日本選手権 鷺宮製作所VS大阪ガス

11月1日に行われた。

社会人日本選手権 鷺宮製作所VS大阪ガスの試合を観に行きました。

 

目当ては阪神ドラフト1位の近本光司です。

ãè¿æ¬åå¸ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

(出典:https://live-sports.yahoo.co.jp/special/baseball/amateur/player/2018_semi_outfielder/chikamoto_koji)

 

鷺宮製作所戦は4打数3安打とチームの勝利に貢献。

近本は足が速いだけの選手ではなく打力優位型の選手だと思っている。

近本の良さはバットを振れる、フルスイングしながらヒットコースに打球を持っていくことができることかと思う。

鍛え方次第では3番バッタータイプになれる可能性はある。

中日大島曲線のような成長を描いてほしい。

大きく育ててほしい選手。

 

この試合今後追っていきたいなと思ったのは鷺宮製作所のショート 土谷惠介(右投左打)。

入社1年目の選手で来年ドラフト解禁の選手。

高校時代は前橋育英の全国制覇に貢献。3番ショートとして出場し守備で注目を浴びた。

土谷は高校時代の記憶で止まっていたが、中央大学では内野のオールラウンドプレイヤーとして首位打者に輝いてる。

打撃面での柔らかさが個人的に好みな部類の選手だった。

ただ怖さを感じる所までいかなかったのでプロを視野に入れるなら力強さも兼ね備えないと特に社会人からプロは難しいのでこの1年で力強さを増せるかに注目したい。

 

 

社会人の野手は一芸に奏でてるか打撃面で即戦力になれると判断されないとドラフト指名されづらいので選手としての方向性をどうするか指導者も見立ててほしなと社会人野球を観て感じました。

f:id:high_revolution:20181102084618j:image

盛岡大付属高校 歴代ベストナイン

今回は歴代〇〇シリーズ。

〇〇シリーズと言いながら高校野球しかありません。

 

前回は花巻東高校のベストナインを選出。

high-revolution.hatenablog.jp

 

そして、今回は同じ岩手県勢の盛岡大付属高校のベストナインを選出。

90年代後半から力をつけ、2000年代前半からは2年に1度のペースで甲子園に出場をしている。

しかし2000年代は甲子園に出場するも初戦敗退を繰り返し甲子園で勝てない期間が長かった。

2013年春の安田学園(東京都)戦で待望の甲子園初勝利。

初勝利後は2014年夏、2016年夏ベスト16。2017年春夏ベスト8と着実に力をつけている。

伝統的に打線を売りとする大型チームという印象を感じる。

 

盛岡大付属高校

背番号

1 松本裕樹
2 伊藤勇貴
③ 石橋泰成
4 菅原優輝
5 二橋大地
6 望月直也
7 菜花大輝
8 植田拓
9 塩谷洋樹
10 伊東昂大
11 平松竜
12 松田夏生
13 槻館洋哉
14 遠藤真
15 小山田佑樹
16 比嘉賢伸
17 三浦瑞樹
18 出口心海

 

ベンチ入りメンバーは2014、2016年時のメンバーが大半を占めた。

 

ベストナイン


投手 松本裕樹 2014年 現 福岡ソフトバンク
捕手 伊藤勇貴 2016年 桐蔭横浜大
一塁 伊東昂大 2009年 元 広島東洋カープ
二塁 菅原優輝 2016年 東日本国際大
三塁 二橋大地 2012年 三菱日立パワーシステムズ
遊撃 望月直也 2013年 トヨタ自動車
左翼 菜花大樹 2014年 タンガロイ野球部
中堅 植田拓 2017年 バイタルネット
右翼 塩谷洋樹 2016年 東日本国際大

 

 

打順


1 中 植田拓
2 一 伊東昂大
3 遊 望月直也
4 投 松本裕樹
5 三 二橋大地
6 左 菜花大樹
7 右 塩谷洋樹
8 捕 伊藤勇貴
9 二 菅原優輝

 

ベンチメンバーを選出して感じたのは投手陣の層が厚かった。

鴇田(2008)、及川(2013)、山下(2003)の3投手がメンバー外になった。

ベストナイン伊東昂大を一塁で選出。

打撃も優れていた選手なので一塁兼2番手投手という位置づけにした。

 

1番を菜花、望月、植田で悩んだが植田の長打力、走力を買って1番に配置した。

4番は投打共に盛岡大付属歴代ナンバーワン選手と個人的に思っている松本を配置。

 

余談だが二橋の世代以降(2012年)桐蔭横浜大学東日本国際大学の選手が増えてきているように感じた。

 両大学共に近年力をつけている大学だ。

 

以上。盛岡大付属の歴代ベストナインの紹介でした。

 

次回も東北地方の学校からベストナインシリーズを行う予定です。

 

f:id:high_revolution:20181030233828p:plain

松本裕樹 2014年 現福岡ソフトバンクホークス 高校時代エースで4番の投打でチームの中心だった。


(出典:http://cimg.sp.baseball.findfriends.jp/show_img.php?id=20969&contents_id=p_page_001 

きのこ帝国 LIVE 行ってきた!!「きのこ帝国 New Album 『タイム・ラプス』Release Party 」

 

9月発売のニューアルバム『タイム・ラプス』のリリースイベントに参戦してきました。

 
学生時代から少しずつ好きになっていったバンドです。
恐らく青春パンクバンドから違うジャンルの音楽を聴こうと移行していたタイミングかと思います。
 
ボーカルの佐藤千亜妃ご女優として芸能界デビューしたていうので最初は覚えたというか、そこが入り口でした。
元女優のバンドの音楽どんなんなんだろう?って聴いたら「良いやん!!」ってなりました。
 
そこからかれこれ6年くらい経ちますが。
 
なかなかライブで聴くタイミングはなかったですがようやくタイミングが合いました。
初のワンマンライブ参戦しました。
 
 
 
オススメ曲
 

1 東京

 
きのこ帝国のキラーチューン。
恐らく一番有名な曲。
朝に聴くと疾走感がありリズムに乗れる。
都会とマッチする音楽なので人混みが多い街に通勤、通学する方にオススメしたい。
 

2 クロノシスタス

 
Liveでの定番曲。
初めて聴いた時は衝撃的だった。
夜に聴きたくなる。
暗い気分の帰り道に聴くと風景とマッチします。
 

3 金木犀の夜

 
 
新アルバムから。
Liveで聴いて思わず泣いた。
好きな人、好きだったあの人を思い出し主に過去形の人を思い出し元気にしてるのかな?
もし別の場所、世界で出会えたらどうなってたのかな?とか色々思いました。
他の人好きになっても忘れないでね という詩が胸にきますね。
 
優しい空間に包まれたLiveは個人的にとても新鮮だった。
どのLiveにも言える事だが各々が楽しいと思えるスタンスで楽しめる空間ていうのがライブの良さかなと思いました。
 
11月中に9月、10月に参戦したLIVEのレビューをまとめます。

巻き込めるか?? 清水エスパルス-G大阪

 

巻き込めるか??

27節の相手は勝ち点差7の清水エスパルス
勝つか負けるかで残留争いの様相が変わる1戦でもあった。

25,26節と2連勝のガンバはドウグラス、北川航也、金子翔太白崎凌兵の前線に自由を与えないかが鍵だった。

 

f:id:high_revolution:20180926075022j:image
f:id:high_revolution:20180926075018j:image

 

 

 

 

清水1-2G大阪

1分 OG G大阪

26分 ファン ウィジョ G大阪

76分 北川航也 清水エスパルス

 

 

G大阪
GK
東口順昭 6.0
終盤のコーナーキックの対応は見事だった。
DF
オ ジェソク 6.0
今節も運動量と守備で貢献。

三浦弦太 6.0
前節に比べ軽率なミスは減った。前半はビルドアップで貢献。

ファビオ 5.5
三浦同様押し込まれた展開になった時の対応が課題。

藤春廣輝 6.5
SBに必要なのは運動量とスプリントだと体現した。

MF
遠藤保仁 5.5  out 84分
少し不用意なパスミスが見受けられた。
後半は足が止まり押し込まれるきっかけを作ってしまった。

今野泰幸 6.0
守備面では流石頼りになる。清水3バック変更後少し対応に戸惑う場面も危険な場所を潰してくれるのはたすかる。

小野瀬康介 6.5 out 81分
前半は攻撃のスピードアップに貢献、全ての得点に関与した。

倉田秋 6.5 out 90分+3
前節の神戸戦からパフォーマンスが向上。
プレーの選択が早くなり、潤滑油そして決定的なパスを出し得点に関与できる相手にとって嫌な選手。

FW
ファンウィジョ 7.0
2点に関与。 ほんとに頼れるエース。

渡邉千真 6.0
起点となる動きを度々見せてくれた。
2点共渡邉千真が起点になった。

 

途中出場

in

81分 DF 米倉恒貴   ーーー

84分 MF 高宇洋    ーーー

90分+3  DF 菅沼駿哉

 

 

MOM FW  ファン ウィジョ

http://www2.gamba-osaka.net/club/player11/image03.jpg?v0221

(出典:FW11 ファン ウィジョ|ガンバ大阪オフィシャルサイト

前節神戸戦に続き、決勝点を挙げたウィジョ。

アジア大会から帰国後は渡邊千真と2トップを組み、よりゴールだけを意識できる環境になったことで今まで自分が知らなかったウィジョの良さが出てきた。

前半戦見る限りでは4-5-1の右サイドが一番持ち味出るのかなと思っていた。

2トップ、中央だとガンバでは良さが出ないのかな?と思っていた。

ウィジョに合わせる選手が居ないことがネックだった。

しかし、恒さんが監督就任後、千真と2トップ組むようになって組織の中でウィジョという規格外のFWがチームに組み込む事ができたのでは?と感じた。

ウィジョ加入後の昨夏からクルピ前監督退任までは戦術がないような環境でやっていたのでウィジョの本当の実力を知ることができなかった。

(他の選手にも当てはまるが)

戦術を覚えることで今後ウィジョの選手としての引き出しが増えるのでは?と思う。

 

 

新戦力のフィット

開始1分で渡邉千真、小野瀬がフィットしているのが非常に大きい。
夏の補強は成功だなと思う。
2人とも前半戦のガンバになかった味方を活かすプレーで起点にもなり、フィニッシャーとしての役割を担える2人だ。
小野瀬は得点こそないものの、ガンバに慣れれば得点力は発揮されるのでは?と予想している。
恒さんの守備での約束事を守り、少ない手数でシュートチャンスを活かせる2人。
小野瀬はサイドで渡邉千真は中央でウィジョの得点力を最大限活かせる。
大きな補強だ。
移籍組の2人はキャンプをしっかり熟せてフィジカル的にも戦えるので今のガンバには非常にありがたい存在。


注目の若手


この日光ったのは清水の北川航也、立田悠悟。
北川航也は、ユース年代から期待されていた選手。
2016年J2で出場機会を得て着実に成長。
力強さと俊敏性を兼ね備えた選手になって清水を代表するストライカーに来年頃になっている可能性は非常に高い。
その前に川崎、鹿島辺りに引き抜かれる可能性があるかもしれない。
立田悠悟は、東京五輪世代のDF。
本職はCBながらヨンソン監督の元では、右SBとして開幕スタメンに抜擢。
190センチ近い長身を活かした力強さ、ビルドアップ能力の高さは将来有望。
サプライズで日本代表もあり得るのでは?と思う選手。

今回は記載しなかったが金子翔太、松原后と共に清水の将来を担う選手になる可能性は非常に高い。

 

 

f:id:high_revolution:20180926002136p:plain

清水エスパルス FW 23 北川航也

(出典:https://www.jsgoal.jp/files/news/body/00023114-copyright_(6).jpg)

f:id:high_revolution:20180926002037p:plain

清水エスパルス DF 28 立田悠悟

(出典:https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/243000/242376/news_242376_1.jpg)



3連勝


3連勝したものの順位は依然17位。
降格圏内になかなか抜け出せないもどかしさ。
残留のハードルが高くなる感じが2012年をどうしてもよぎってしまい不安になる。
あの悔しさを経験してるが故の不安なのかなと。
ポジティブに考えると、中位との差は縮まっている。
次節は首位サンフレッチェ広島
吹田でのルヴァン、前回対戦のリーグ戦では大敗している相手。
引き分けで御の字だと思ってしまう。

 

花巻東 歴代ベストナイン

今回は歴代〇〇シリーズ。

〇〇シリーズと言いながら高校野球しかありません。

 

2005年以降3年に1回の頻度で甲子園に出場するようになった、花巻東

2009年選抜準優勝など2000年代後半以降は夏ベスト4②回、春ベスト8①回と甲子園での実績を残している学校。

菊池雄星大谷翔平など日本球界を代表する選手をこの10年に2度輩出するなど注目を浴びてきた学校だ。

 

佐藤涼平、千葉翔太など小技を得意とする1芸に奏でた選手を起用するなど個性豊かなチームでもある。

 

背番号

1 菊池雄星
2 千葉祐輔
3 横倉怜武
4 熊谷星南
5 猿川拓郎
⑥ 川村悠真
7 岸里亮祐
8 千葉翔太
9 関口翔
10 高橋樹也
11 小原大樹
12 佐々木大樹
13 福島圭斗
14 太田知将
15 太田亮佑
16 千葉耕大
17 大谷翔平
18 佐藤涼平

ベンチ入りメンバーは2009年、2013年、2015年時のメンバーが大半を占めた。

大谷は花巻東期待の下級生が背負う背番号17で選出をした。

ベストナイン

投手 菊池雄星 2009年 現 西武
捕手 千葉祐輔 2009年 ヤマハ
一塁 横倉怜武 2009年 関東学院大
二塁 熊谷星南 2016年 日本大
三塁 猿川拓郎 2009年 日立製作所
遊撃 川村悠真 2009年 岩手大 卒
左翼 岸里亮佑 2013年 現 日本ハム
中堅 千葉翔太 2013年 九州三菱自動車
右翼 大谷翔平 2012年 現 エンゼル

打順

1 二 熊谷星南
2 中 千葉翔太
3 左 岸里亮佑
4 右 大谷翔平
5 三 猿川拓郎
6 遊 川村悠真
7 一 横倉怜武
8 捕 千葉祐輔
9 投 菊池雄星

個人的にベストナインはすんなり決まった。2番センター千葉か佐藤涼平のどちらかは配置したいという強い拘りがあった。関口にするか迷ったが。

太田兄弟をベストナインに選出したかったがポジションに空きがなかった。

花巻東の進学傾向を見ると日本大学東海大学に進学する選手が多いように感じた。

菊池、大谷、高橋、千葉耕太と投手のプロ入り率が高いことも今回ベストナイン選出の記事を書く際に気づいた。

育成のノウハウがあるのか?スカウティング体制が整ってるのか?菊池雄星大谷翔平に憧れる選手が集まるのかもしれない。

 

2019年度のチームにもプロ注目投手 西舘勇陽が在籍している。

ただ西舘は怪我等もあり伸び悩み気味で大船渡の佐々木郎希投手の陰に隠れてしまっている。

西舘が花巻東の歴代ベストナインにノミネートされる投手に成長をしたら甲子園が見えてくる。

 

yasu