広げる世界

書きたいことを書く!そして伝える!

北海道コンサドーレ札幌 2019年予想スタメン

 

本日はコンサドーレ札幌の2019年予想スタメンを考えたので投稿します。

 

 


IN

GK:菅野 孝憲←京都(レンタル延長)

DF:中村 桐耶←札幌U-18

MF:檀崎 竜孔←青森山田高校

MF:駒井 善成←浦和(レンタルから完全)

MF:中野 嘉大←仙台

MF:中原 彰吾←長崎(レンタル復帰)

FW:岩崎 悠人←京都

FW:鈴木 武蔵←長崎

FW:A・ロペス←FCソウル

FW:L・フェルナンデス←ヴィトーリア(レンタル)

 


OUT

DF:横山 知伸→契約満了

DF:田中 雄大→契約満了→秋田

DF:河合 竜二→契約満了

DF:菊地 直哉→契約満了

DF:永坂 勇人→契約満了

MF:ジュリーニョ→契約満了

MF:稲本 潤一→契約満了

MF:前 寛之→水戸(レンタルから完全)

MF:三好 康児→川崎(レンタル満了)

MF:兵藤 慎剛→仙台

FW:内村 圭宏→契約満了→今治

FW:都倉 賢→C大阪

FW:宮吉 拓実→京都

FW:金園 英学→甲府(レンタルから完全)

 


注目選手

宮澤裕樹

シーズン中盤まではボランチだったが終盤にCBストッパーにコンバート。ミシャサッカーでは欠かせない存在に成長。

森崎和幸もかつてはCBで起用したように、足元があってサッカー脳に長ける中心選手をミシャはストッパーで使う傾向があるので宮澤自身の期待も高い。

チームのキャプテン、10番として札幌のクラブの格を上げれるか注目。

 


注目若手

岩崎悠人

京都サンガから完全移籍での加入。

京都時代は出場機会は得れていたが、決して良くないチーム状況の中孤軍奮闘の活躍だったが、ゴール数が物足りなかった。

ポテンシャルを考えるとJ1でも通用するスキルを持っている選手。

昨シーズンの三好のような活躍が期待される。

 

f:id:high_revolution:20190115202936j:image

 


基本システムは3-4-2-1になる。

DFラインは進藤、宮澤、福森がファーストチョイスになるのではと予想。

宮澤ボランチ、キム・ミンテがCBに入る可能性もある。

ボランチ2枚は荒野、深井としたが宮澤が一列上がる可能性もあり、駒井がボランチにスライドする可能性も大いにある。

ガンバ、長崎と約2年間の武者修行を終えて復帰した中原もボランチ争いに名乗りを上げる。

ウイングは駒井は確定だが、左は中野、菅、石川の争いかと思う。

現状は中野が一歩リードだが昨シーズンの経験を活かしたい菅も控えるので争いは激しくなりそうだ。

前線はシャドー含め正直予想できない。

チャナティップとジェイは確定として残り1枠が難しい。

鈴木武蔵、岩崎悠人、アンデルソンなど実力者、若手と揃っておりファーストチョイスを  悩むのは良い贅沢な戦力だという事。

 


欲を言えばCBの補強があれば尚良かった。

 


今年は去年に引き続き上位を狙える戦力だが去年はうまくいきすぎだ面もあるので中位圏内もあり得るが戦力が噛み合えば昨シーズン同様の成績、更にACL圏内も狙える戦力である。

ベガルタ仙台 2019年予想スタメン

おはようございます。

Jリーグ2019年予想スタメンシリーズ

今回はベガルタ仙台


IN

DF:照山 颯人←成立学園高校

DF:シマオ マテ←フリー

MF:田中 渉 ←桐生第一高校

MF:松下 佳貴←神戸

MF:石原 崇兆←松本

MF:吉尾 海夏←横浜FM(レンタル)

MF:兵藤 慎剛←札幌

MF:道渕 諒平←甲府

MF:飯尾 竜太朗←長崎

FW:長沢 駿←G大阪

OUT

GK:イ ユノ→福島(レンタル)

DF:小島 雅也→金沢(レンタル)

DF:板倉 滉→川崎(レンタル満了)

MF:庄司 悦大→京都(レンタルから完全)

MF:野津田 岳人→広島(レンタル満了)

MF:藤村 慶太→金沢(レンタルから完全)

MF:佐々木 匠→山口(レンタル)

MF:矢島 慎也→G大阪(レンタル復帰)

MF:中野 嘉大→札幌

MF:茂木 駿佑→水戸(レンタルから完全)

MF:古林 将太→湘南

MF:奥埜 博亮→C大阪

MF:差波 優人→契約満了

MF:菅井 直樹→現役引退

FW:ハーフナー→神戸(レンタル満了)

FW:ラファエルソン→契約満了

 


注目選手

ハモンロペス

昨シーズン途中に柏レイソルから仙台に復帰。15,16年は攻撃陣の主力として活躍。

昨シーズン復帰後は思うよな活躍ができなかった。

長沢、石原との化学反応に期待。シーズン二桁得点は取りたい。

注目若手

椎橋慧也

昨シーズン出場機会を大きく伸ばした。

終盤戦は3センターのレギュラーに定着し、今季は主力としての活躍も期待される。

ボランチが本職だが、3CBの左に配置されるのが予想される。

f:id:high_revolution:20190114190304j:image

f:id:high_revolution:20190114190308j:image


システムはここ数年と同じく、3-4-3と予想。昨シーズン途中に試した3-1-4-2もプランBとしてはあり得る。中盤に兵藤慎剛、松下佳貴、石原崇兆と幅広いプレーエリアと様々な戦術に対応できる選手を獲得したのでシステム変更は臨機応変に対応できる。

今シーズンの課題としては石原直樹の負担をどこまで減らせるかに限ってる。

FWの選手構成で若手はジャーメイン良しか居ないのでジャーメインが昨シーズンの経験を活かしプレーヤーとしてワンランク成長できるのかも注目したい。

今シーズンは残留争い若しくは良くて昨シーズン同様中位を狙う戦いになるのでは?と思う。

西村、野津田、奥埜、古林、板倉等抜けたダメージが現状でかい。

連携面で戦うチームなので、新戦力組みがキャンプ期間の間にフィットし、スタートダッシュに成功できるのか?という点で仙台を追っていきたい。

愛媛FC 2019年予想スタメン

愛媛FC2019 予想スタメン

◼️IN

 
1 GK岡本昌弘(千葉からの期限付き移籍期間延長)
39 DF下川陽太(松本から期限付き移籍
 6 MF野沢英之(東京からの期限付き移籍期間延長)
 8 MF長沼洋一(広島から期限付き移籍
10 MF神谷優太(湘南からの期限付き移籍期間延長)
28 MF清川流石(びわこ成蹊スポーツ大)
29 MF川村拓夢(広島から期限付き移籍
30 MF禹相皓(岐阜から期限付き移籍から完全移籍)
14 FW吉田眞紀人(千葉からの期限付き移籍期間延長)
19 FW藤本佳希(岡山からの期限付き移籍から完全移籍)


◼️OUT


37 GK草野真人
 8 DF安藤淳(京都へ完全移籍)
24 DF池田樹雷人(長野へ育成型期限付き移籍
33 DF三原秀真
   DF堀田秀平奈良クラブへ完全移籍)
14 MF小池純輝東京Vへ完全移籍)
26 FW上原慎也琉球へ完全移籍)

 

背番号変更
吉田眞紀人
 

f:id:high_revolution:20190113202304j:image

 

 

注目選手

藤本佳希

昨シーズン途中岡山からレンタル移籍で加入。
岡山ではベンチ外だったが愛媛入団後は1トップのレギュラーに。
今年は更なる飛躍を目指す。

 

注目若手

長沼洋一

広島からレンタル移籍で加入の期待の若手。
オリンピック世代の代表として2016U-19アジア選手権に出場したものの、広島では出場機会なくレンタルで山形、岐阜で武者修行を積むも絶対的な存在になれなかった。
来年の東京五輪メンバー入りを果たす為には、今年愛媛の中心選手クラスの活躍が必須。
神谷と共に若い力でチームの順位を上げる事ができるか注目。

昨シーズン前半は低迷も監督交代後に軌道修正し、残留を果たした。
基本システムは3-4-2-1と予想。
神谷をボランチで使うのか?シャドーで使うのかは悩み所。
代表だけを考えるとボランチで伸びてほしい所だが。。

 

若き指揮官川井監督の元どのような戦いを見せるか注目していきたい。

 

ジェフ千葉 2019年 予想スタメン

f:id:high_revolution:20190110124153j:image

 

新加入
鈴木椋大
③ベラスケス
田坂祐介
堀米勇輝
佐藤寿人
新井一耀
㉚相澤ピ-タ-コアミ

 

 

ジェフ千葉
注目選手
ベラスケス

ベネズエラの世代別代表CB。レンタルだけど有望株の若手を連れて来れるジェフはお金持ちなのか?と考えてしまう。

エスナイデルのコネクションなのかもしれないが。

若手
鳥海晃司

2000年代前半は育成のジェフと言われてたくらい下部組織の選手に若手有望株が居たが最近は補強のイメージが強い。

鳥海は大卒2年目と数少ない若手有望株。

大卒2年目を若手にカウントして良いのか怪しいが。

年齢的には乾の方が若いが在籍年数で鳥海を注目若手選手に選定した。

 

 

3バック、4バックの使い分けが予想される。
新戦力としてMF 堀米勇輝(甲府) DFベラスケス(サバデル)を獲得。
下平匠を完全移籍で獲得、茶島雄介のレンタル延長に成功。
ラリベイに変わる外国人FWを獲得し、前線に厚みを増す補強が強化部の残された宿題だ。

 

 

余談

f:id:high_revolution:20190110203032p:image

ツイッターの個人アカウントで行ったアンケートで千葉の正GK予想・希望を聞いてみました。

あかさたなはまやらわをん

みんなが歌えるラップを

 

昨今世間ではラップブームが巻き起こり今ではブームで終わらず定着したと言えるだろう

しかし、ラップはこの先何を目指すのだろうか

現状はラップというジャンルを認知されているだけであり、ヒットやブレイクとまではまだ言えない

 

続きを読む

2018 Jリーグ第31節 浦和レッズ-G大阪

初の埼玉スタジアム

私事だが念願の埼玉スタジアムでサッカー観戦。

勿論今までも何度も行きたいと思ったがなかなかタイミングが合わず行けなかったです。

ようやく仕事、その他個人的な事が落ち着き少し遅めの夏期休暇を使い、埼玉スタジアムに遠征行くことを決めました。

 

関西との違い

浦和美園駅に降りた時にまず思ったのは「レッズ色が強い」と感じました。

駅の手すり、スロープも赤く 、素直に良いな~と思いました。

街にサッカーが根付いていて良いなーとしみじみ感じました。

駅降りててすぐに埼スタロードという道がありました。

埼スタロードには屋台のお店がありスタジアムまでの道中が退屈しない仕組みになってるのは、なるほど!となりました。

都会から離れた場所にスタジアムが立地されてるので、こういった演出ができるのかな?とも感じました。

f:id:high_revolution:20181110090835j:image

f:id:high_revolution:20181110090909j:image

新たな役割

シーズン前不安を抱いていたポジションがあった。

それは、第2GKだ。

昨シーズンまでは経験値が高い、藤ヶ谷陽介が第2GKを務めていたが、昨シーズン限りで現役を退いた。

藤ヶ谷引退で第2GKは空白のポジションになった。

今年新たな第2GKの役割を担うことになったのは、ユースからトップチームに昇格した4年目の林瑞輝

林は世代別の日本代表GKで、2013年U-17ワールドカップにも出場しているGK。

当時は東口がまだガンバに在籍していなかったので、林がトップチームに昇格して20歳くらいでガンバの正GKになってほしいと思っていたのが個人的には懐かしい。

トップチーム昇格後2年目の2016年にU-23発足し、出場機会を得るようになった。

2017年シーズンのU-23ゴールマウスを守る林の姿は印象深かった。

高卒プロ1年目、高校生(現役ユース選手)でチーム構成がされる事が多かった、昨シーズンのU-23は、前半戦全く勝てない状況でとても苦労した。

サンドバックのように攻められ、シュートを浴びながらもビックセーブを連発する林の姿がとてもたくましかった。

若いGKでこれだけシュートを浴びる経験ができてるのはとても良い経験だと私は思っていた。

昨シーズンの経験を活かしてほしいと思ってたいただけに今年第2GKに定着したのは個人的には嬉しい。

東口の控えという難しい役割で、自身が出番がある時は東口に何かしらのアクシデントがあった時でチームが危機的な状況時にしか出場機会がない分プレッシャーは相当だと想像する。

自分に例えると仕事で絶対的なチームリーダーが入院することになって2週間だけ代役のリーダーを頼む!と急に頼まれるようなものか。

いつ出番が来るかがわからない、チャンスを逃すと他のポジションに比べると出場機会が巡ってくる可能性がかなり低くなる。

メンタルコントロール、準備力が重要なポジションを林は務め、スクランブルでの試合出場時でも安定したパフォーマンスを発揮し指揮官、サポーターからの信頼を高めたのでは?と感じる。

 

f:id:high_revolution:20181110090735j:image

(出典:http://www2.gamba-osaka.net/club/player2018_23_sp.html)

 

 

仕事でも周囲の信頼を高めるには、日々の取り組み着実にできることを少しづつ増やし何か大きな大役任された時の場面を意識と準備をし、新たな役割を与えられた時に自分のスキルを発揮し、プラスαの結果を出す事で周囲の信頼を高め、自分自身がより成長できるステージに上ることができることを、今年の林を見て感じた。

 

私も現在仕事では林のようなサブ的な立ち位置にいるので林の準備力、ここぞの思いっきりの良さは見習いたい。

 

f:id:high_revolution:20181110090930j:image

f:id:high_revolution:20181110090942j:image

 

yasu

 

 

 

 

 

 

2018社会人日本選手権 鷺宮製作所VS大阪ガス

11月1日に行われた。

社会人日本選手権 鷺宮製作所VS大阪ガスの試合を観に行きました。

 

目当ては阪神ドラフト1位の近本光司です。

ãè¿æ¬åå¸ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

(出典:https://live-sports.yahoo.co.jp/special/baseball/amateur/player/2018_semi_outfielder/chikamoto_koji)

 

鷺宮製作所戦は4打数3安打とチームの勝利に貢献。

近本は足が速いだけの選手ではなく打力優位型の選手だと思っている。

近本の良さはバットを振れる、フルスイングしながらヒットコースに打球を持っていくことができることかと思う。

鍛え方次第では3番バッタータイプになれる可能性はある。

中日大島曲線のような成長を描いてほしい。

大きく育ててほしい選手。

 

この試合今後追っていきたいなと思ったのは鷺宮製作所のショート 土谷惠介(右投左打)。

入社1年目の選手で来年ドラフト解禁の選手。

高校時代は前橋育英の全国制覇に貢献。3番ショートとして出場し守備で注目を浴びた。

土谷は高校時代の記憶で止まっていたが、中央大学では内野のオールラウンドプレイヤーとして首位打者に輝いてる。

打撃面での柔らかさが個人的に好みな部類の選手だった。

ただ怖さを感じる所までいかなかったのでプロを視野に入れるなら力強さも兼ね備えないと特に社会人からプロは難しいのでこの1年で力強さを増せるかに注目したい。

 

 

社会人の野手は一芸に奏でてるか打撃面で即戦力になれると判断されないとドラフト指名されづらいので選手としての方向性をどうするか指導者も見立ててほしなと社会人野球を観て感じました。

f:id:high_revolution:20181102084618j:image