広げる世界

書きたいことを書く!そして伝える!

G大阪ー鳥栖 現地でじっくり見たい

中断期間があったので、ガンバ関連は久しぶりの更新。
マリノス戦に関しては更新する気がしなかった。

 


ガンバはマリノス戦お途中から4-4-2を採用。
ルヴァンでも4-4-2。
鳥栖戦も予想通り4-4-2。


ルヴァンはシャドーに高江を起用。レオの戦術理解度の高さ、パトの守備難を補う意図もあったと思う。
1戦目でゴール欲しかった。


レオシャドー起用は予想していなかったから驚いた。
こういった起用もあるんだなと思った。
宇佐美とレオの2トップを見て見たい。

 

f:id:high_revolution:20190918114514p:image

 

f:id:high_revolution:20190918114434j:image

 


鳥栖

  • 4-4-2 (去年のデジャブ??)

マリノス戦から4-4-2に。ツネのインタビューでもあったように井手口を活かす為に4-4-2を採用。2ボランチで井手口が広い範囲を動けるようにした。
マリノス戦前半までのアンカー起用だと戦術理解度、ポジションを管理する能力が問われるので井手口には厳しいタスクだった。
それができていたらガンバに復帰はしていなかった。
井手口自身も手探りでやってるのでボールを狩りに行きたいけど1歩が遅くなるといったようにマリノス戦の前半までは感じた。
相方の理想としては矢島、高江あたりだが、彼らもボランチを始めて数年ということもあり、井手口をコーチングするまでの余裕がないのかなと感じる。
現状井手口をコントロールできるのは遠藤しかいないというツネの結論なのかなと思う。
中断期間を使って矢島と井手口コンビを落としこめてほしいが、時間が足りないといったところ。
今年中に落とし込んでほしいが。。
矢島が井手口を飼いならせれたら選手としての価値がワンランク、ツーランク上がるねんけどな。。


井手口が矯正するか、矢島が成長するかどっちの可能性が高いのか、最近凄く考える。
このままだとずっと遠藤頼みというここ数年の課題が解決できない。
解決する為の3バックだったと思うが。


現状残留を争っているので、戦術の落とし込み云々よりとにかく勝ち点3が欲しいので今の戦い方、個人の力で戦うという手段は見る方も割り切って見るしかないのかと思いながら鳥栖戦を終わって思った。


現状ガンバで一番スペシャルな個の力を持ってるのは井手口なので彼を活かすという戦い方は納得できるが、長期という視点で考えると微妙なところ。
これは来季の課題かな。
このまま書くとシーズンの統括になりそう。

 

  •  藤春復帰

U-23での熊本戦を経てスタメンに復帰。熊本戦は45分のみの出場だったのでまさかスタメンでフル出場は予想外だった。
ツネの中での藤春の序列がかなり高いということが再確認できたのと4-4-2のシステムで戦うには必要不可欠な存在なのを再認識した。
ぶっつけで90分出て、試合後倒れていても藤春なら大丈夫とどうしても思ってしまう。
藤春もベテランの域に入るのでもう少し大事に起用、我々も見守る必要あるなと少し思った。
ミルナーと同じく、藤春も疲労の回復度が早いタイプなのかな?と少し気になった。
フットボリスタで稼働率が高いサイドバック、ウイング、インサイドハーフの選手をピックアップしてほしい。

 

 

 

鳥栖のミョンヒ監督のインタビューでもあったようにガンバのDF陣(東口も含む)に対して前線からプレスをかけ、ロングボールを蹴らせてガンバのリズムを作らせないように対策を練ったあたり流石だなと思った。
戦力も充実しているので、残留はするチームかなと素直に思った。

 

  • スサエタデビュー

この日のメインディッシュのスサエタ。
感覚的な言葉でしか言えないけど良い選手だな。
パス出してからの動き出し、コナーキック時の振る舞いを見ると頭を使いながら戦える選手。
ガンバサポみんな思ってると思うが長期契約を結んでほしい。

 

  • 最後に

とにかく勝ち点3を取れて良かった。内容何それ?勝利こそ正義と言い聞かせます。


 

日大山形 歴代ベストナイン

今回は歴代〇〇シリーズ。


この歴代ベストナインシリーズですが、初めて1年まだ東北地方という進捗の遅さです。


嘆いても仕方ないので進めていきましょう。


今回紹介するのは、昭和、平成共に山形のトップを走ってきた日大山形
春4回、夏17回出場は立派な成績。
特に印象深いのは、2006年夏ベスト8、2013年夏ベスト4だ。


2006年は2年生エース阿部拓也が同じ2年生の佐藤由規仙台育英)に投げ勝ち、その後の3回戦では今治西に逆転勝ちでベスト8進出をするという大躍進を果たした。
準々決勝の早実戦も互角の戦いを見せるなど印象に残るチームだった。
2年生の阿部、舟生、3年生の秋葉、常川、青木優と良い選手が揃っていた。
この代の選手の奮闘が2013年ベスト4進出の基盤を作ったと思う。


2013年のチームは青木、中野の1,2番に峯田、奥村、吉岡と長打力のある選手で構成されるチームだった。
日大三戦での奥村ホームランはとても印象的だった。強打の日大三に打ち勝つんだと衝撃を受けた。

 

日大山形


背番号


1 庄司瑞 
2 秋葉拓也
3 常川知也
4 斎藤史
5 栗原健太
奥村展征
7 峯田隼之介
8 青木龍成
9 舟生源太
10 阿部拓也
11 佐藤洸太
12 舟生大地
13 渡部雅也
14 平五陸
15 武田渉
16 鈴木琉生
17 中野拓夢
18 青木優


ベンチ入りメンバーは2006年、2013年のメンバーが中心になった。

 

 

ベストナイン 


投手 庄司瑞 TOKYO METS
捕手 渡部雅也 現 3年生
一塁 常川知也 東北福祉大
二塁 斎藤史哉 日本大
三塁 栗原健太 元 広島東洋カープ
遊撃 奥村展征 現 東京ヤクルトスワローズ
左翼 峯田隼之介 明治学院
中堅 青木龍成 TDK
右翼 舟生源太 日本大

 

打順


1 二 斎藤史
2 中 青木龍成
3 遊 奥村展征
4 三 栗原健太
5 捕 渡部雅也
6 一 常川知也
7 右 舟生源太
8 左 峯田隼之介
9 投 庄司瑞

 

 

 

打順だが斎藤、青木の足の速い2人を1,2番に配置。

奥村、栗原の日大山形史上トップクラスの打者を3,4番に配置。

個人的には常川、舟生、峯田の下位打線が個人的に好み。

完全に主観だが。

 

日大山形卒業生の進路を見た所、系列の日本大に進むケースが多いように感じた。

後は東北の大学に進学するというケースも多かった。

 

今年で言うと渡部捕手の進路に注目したい。

 

以上。日大山形の歴代ベストナインの紹介でした。

 

次回も東北地方の学校からベストナインシリーズを行う予定です。

今年もこの日が~2019/09/08=クレバの日~

908=クレバ

毎年9月8日といえばもちろんこの日『クレバの日(908)』ですよね

www.kinenbi.gr.jp

f:id:high_revolution:20190908231037j:plain

出典:日本記念日協会

毎年様々なアクションを起こしてくれるKREVA

今年は9ヶ月連続リリースをしたり、ベストアルバムの発売、各フェスへの出演やTVへの出演など15周年を迎え活発に活動してきました

続きを読む

ロックロックこんにちは!day1に参戦してきました。

Ver.23~バック・トゥ・ザ・Nin-Nin Carnival 2018~

 


率直な感想全バンドかっこよかったです。

今回のコラムの内容この1言だけで良いと思ってるくらいです。

と言いつつも見栄えよくしたいのでダラダラ書きます。

 

続きを読む

聴覚過敏からの解放

今回は日常の気づき、発見についてです。


私は発達障害の特性で聴覚が人よりも過敏です。


聴覚過敏なのに、スポーツ観戦、ライブに行ったりなど人混みが多い所に行きがちです。そしてぐったり疲れるといった日々が多いです。
好きなものを最大限楽しむ為に苦手な環境に行くという矛盾が発生します。
まぁまぁこの特性は辛いです。


冒頭に発達特性と書きましたが自立神経の乱れ、疲労など色々要因はあるので原因は特定できないです。

 

続きを読む

目標年間100本観ます!!2019年8月注目の映画リスト 5選

久しぶりの映画レビューになります。

今回は8月後半、夏の終わりに向けて見たい映画をまとめました。

 

①HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ

上映日:2019年08月16日 / 製作国:アメリカ 

ããããã»ãµãã¼ã»ãã¤ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

今売り出し中の若手俳優ティモシー・シャラメ主演の90年代を舞台とした青春ドラマ。

忘れられない夏を思い出したいあなたへ贈る映画。

青春に酔いたい人にお勧めの映画かもしれない。

ããããã»ãµãã¼ã»ãã¤ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

②永遠に僕のもの
上映日:2019年08月16日 / 製作国:アルゼンチン・スペイン 

ãæ°¸é ã«åã®ãã®ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

アルゼンチンの連続殺人犯のカルロス・ロブレド・プッチの実話映画(wikiを参照)

連続殺人犯の実話というヘビーな内容。心が綺麗な人より、少し黒い方にお勧めかもしれない。

10-FEETの風を思い出した。

監督はルイス・オルテガ

元アルゼンチン代表の10番ではありません。

 

ãæ°¸é ã«åã®ãã®ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

③ディリリとパリの時間旅行
上映日:2019年08月24日 / 製作国:ドイツ・フランス・ベルギー

ããã£ãªãªã¨ããªã®æéæè¡ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

パリを舞台に誘拐事件の謎を解いていくアニメーション映画。

二次元でパリを堪能した方にお勧めかもしれない。

ããã£ãªãªã¨ããªã®æéæè¡ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

④無限ファンデーション
上映日:2019年08月24日 / 製作国:日本

ãç¡éãã¡ã³ãã¼ã·ã§ã³ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

音楽×少女たちの即興劇というキャッチコピー、これはサブカル勢が食い付くキャッチコピー。

正確に言うとサブカル女子。

そんなサブカル女子はキュウソネコカミサブカル女子を聴いて下さい。

ãç¡éãã¡ã³ãã¼ã·ã§ã³ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

以上

音楽×少女たちの即興劇というキャッチコピー誰よりも食いついてしまったサブカル男子からのメッセージでした。

 

⑤ブラインドスポッティング
上映日:2019年08月30日 / 製作国:アメリカ 

é¢é£ç»å

 

黒人と白人の親友が云々という社会派コメディ。

最近こういうの多いな。

恐らくあたりだとは思うけど、衝撃は受けない予感。

でも普段ニュース、テレビ見ない勢にとっては、こういったコメディタッチで人権、マイノリティについて考えさせられるのは、ありがたい事だと思う。

ããã©ã¤ã³ãã¹ãããã£ã³ã°ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

 

 

 以上

8月注目の映画リストでした。

 

皆さんの注目の映画も教えて下さい!!

 

yasu