読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広げる世界

書きたいことを書く!そして伝える!

犬についてチェックしておきたい5つの曲

 

今日は犬の日

 

今日は11月1日
ワン・ワン・ワンつまり犬の日です
ということで今回は『』をテーマに5曲選曲してみました

 

f:id:high_revolution:20161101133053p:plain

 

 

犬のうた ~ありがとう~ / エイジアエンジニア (2009)

”本当におまえは幸せだったかい? ボクにはすべてが幸せな思い出 数え切れない愛をありがとう いつの日にか同じ場所へ それまでゆっくりとおやすみ”

ペット飼っていたことがある人なら、ペットという枠を越えた大切な『家族』の一員とお別れをするのはとても辛いということがわかると思う。
メインヴォーカルを務めるSHUHEIが、愛犬ゴーとの別れを体験し、感謝の気持ち言葉にしたのがこの曲である。
『失った大切な家族のことをいつかは曲にしたいと思っていたが、事実が受け止められず、曲にするのに時間がかかりました。』
と語っているように、辛いと感謝の気持ちが入り混じりなかなか形に出来なかったが、時間を書けた分多くの人に共感、影響を与える1曲となった。

 

youtu.be

 

風の中を / コブクロ (アルバム『5296』収録 2007)

 ”その先に待つ出会いが 別れが 今はまだ見えない 道へと変わるよ” 

作詞は黒田、作曲は小渕という結成9年目での初の試み。
元は飼い犬だったが野良犬となり、走っていく中で自らの意思で生き抜いていく様子が描かれており、未だ見ぬ世界へ挑む応援歌とも捉えることが出来ます。

 

f:id:high_revolution:20161101133425j:plain

 

子犬 / GReeeeN (アルバム『あっ、ども。はじめまして。』収録 2007)

 ”夢の様なこんな時がいつまでも 続いてくれたらいいなぁ・・・。”

捨てられていた子犬と飼うことにした子どもを描いた曲。
出会いから始まり、楽しかったことや悲しかったこと、それでもずっと隣にいてくれたこと。
そんな関係がいつまでも続いたらなぁ、と犬の気持ちになって歌われている。

 

youtu.be

 

犬の唄 / 湘南乃風 (アルバム『湘南乃風~Riders High~』収録 2006) 

”野良犬達よ決して群れるな 弱いなんて誰でも同じさ 怖いから群れんじゃなくて 群れるから弱くなってるんだ”

野良犬をテーマに泥臭く、力強く生きる様を曲にしている。
湘南乃風らしい男らしく心奮わされるワードが多々盛り込まれており、
前に出る勇気を踏み出させてくれる1曲だ。

 

f:id:high_revolution:20161101133601j:plain

  

お犬様 feat.尼ンダ / レキシ (アルバム『レシキ』収録 2014) 

 ”そんな決まりがなくたって 僕はキミのこと 大切にするから”

江戸時代の5代目将軍、徳川綱吉が出した『生類憐みの令』をモチーフにした曲
『生類憐みの令』は一切の殺傷を認めず、綱吉が戌年だっとことから特に犬を愛護していたもの。
この曲では条例が発令されたが、条例にかかわらず飼い犬を大切にしている飼い主の心を歌っている。
曲中ではジャズやスキャットの掛け合いがあり、“尼ンダ”こと二階堂和美をfeat.しているのがバッチリはまっている。

 

f:id:high_revolution:20161101133636j:plain

 

いかがでしたでしょうか
』をテーマにした曲は選曲した以外にもまだたくさんありました
面白いと思った方は他にも聴いてみてください!

次回もテーマに沿った曲を選んでいきたいと思います!
~選んでほしいテーマなどがあればコメント等どんどんください~


それではまた

 

広告を非表示にする