広げる世界

書きたいことを書く!そして伝える!

高校野球代表校予想 北海道地区

こんばんは。

久しぶりの投稿です。

ワールドカップ中心の生活をしていますが現在バテています。

 

もうすでに高校野球夏の甲子園を巡る戦いは始まっています。

 

56の地方大会の予想をしたので地区ごとに分けて紹介していきたい。

f:id:high_revolution:20180705230146p:plain

 

f:id:high_revolution:20180705232414p:plain

 

f:id:high_revolution:20180705232518p:plain

f:id:high_revolution:20180705232608p:plain

 

全代表校の予想です。

もう予選が始まっていますが大会始まる前に予想しましたよという証拠の為先に予想を掲載しときます。

 

今回は北海道地区(北北海道・南北海道)の予想をしていきたい。

北北海道

クラーク記念国際

旭川

旭川大高

富良野

北北海道の代表予想は毎年3校くらいに絞れるがなかなか当たらない。

ここ最近は白樺学園が甲子園に出ることが多く第1勢力だったが、2016年の甲子園出場をきっかけにクラーク記念国際が新鋭校として台頭。

2強時代突入かと思ったが、去年は滝川西が出場。

やはり北北海道は予想が難しい。

今年は旭川実業を中心とした旭川勢の甲子園出場もありえる。

安定感のある旭川実、戦力が充実しているクラーク記念国際の2校の争いになると予想。

戦力の揃ってるクラーク記念国際を甲子園で観たいという理由で本命に選出。

ダークホースに富良野を選出。

富良野は春の旭川地区のチャンピオンで勢いがあるので夏の大会に注目したい。

 

注目選手 沼田翔平 旭川大高

北海道地区ナンバーワン右腕の呼び声がある沼田。

春の時点で最速146キロを計測。

昨年夏はベスト4。準決勝で甲子園出場校の滝川西に敗北。

秋、春と同じ旭川地区のライバル旭川実に打ち込まれた沼田。

秋、春の悔しさを夏にどう活かしてくるか注目したい。

 

南北海道 

駒大苫小牧

〇北海

札幌大谷

札幌日大

北照

南北海道は近年は北海の時代が続いてる。その他では東海大札幌(旧 東海大四)、駒大苫小牧北照と全国でも通用する高校が甲子園に出場している。

2010~2013 北照

2015~ 2017 北海

大体3年サイクルくらいで第一勢力の覇権が変わる印象。

この1~2年は戦国状態になるのでは?と予想。

本命こそ駒大苫小牧にしたがどこが甲子園に出るかわからないくらい悩む。

今年は例年以上に大混戦の南北海道大会。

 

注目選手 菊池吏玖 札幌大谷

下級生時から大物右腕として注目されていたが故障もあり実績を残せていない。

世代最強と言われていた3年生世代がラストイヤーの札幌大谷

世代最強の中心選手として甲子園を導けるか菊池の投球に期待したい。

 

以上北海道地区の予想と注目選手の紹介でした。

 

残りの地区をこの1週間で紹介できるか??